原発から避難中の被災障害者に100万円を届けました!

原発から逃れ避難生活中の障害者自立センター「福祉のまちづくり」(福島県 田村市)のみなさんに
本日 緊急に 救援金100万円をお送りしました。
地震 津波の上に 人災とも言える原発災害!
これ以上 放射能被害が広がらないことを祈るのみです。
「福祉のまちづくり」鈴木さん 発信
「今日昭和村役場に行ってきました。そこでの情報。役所の人の話しだと、田村市か
ら来たら、田村市のどこから来たかを尋ねられ、避難場
所は会津大学で放射能テストを受けてから移動します。そして、被爆検査の値によ
り、避難場所が役所に決められてしまいます。私たちは
、自主避難で30㌔圏内になる前になので、この検査は強制ではないと言われまし
た。しかし、昭和村で通常の17倍の放射能だそうです
。田村市や楢葉はどのくらいの値か〓テレビ報道は信じられません。県からは、会
津地域でも避難民受け入れ要請が来ていると話していま
した。次に、三春町の情報です。三春町では40才以下の人に甲状腺ガンの薬を2錠
とヨードが渡されたそうです。渡される時、早く飲む
様に言われたらしいです。効果は24時間以内とか。自主的に来た人のみの人に配ら
れている様です。原発はかなり深刻で、田村市内部に
は情報が行かないで、外の人の方が詳しい情報を持っていました。私たちは今ここ
を動きません。残っている人の事を考えると思案にくれ
、心が痛み今は今後の事を考えられません。」

被災障害者情報

 ①被災地の状況などについて
 宮城
  ドリームゲート
   人工呼吸器を必要とする人を含め、数人の障害者が避難をしている。
   いち早くSOSを出したことに、AJU自立の家が対応し訪問。
   発電機など必要機材を日本財団が提供することとなった。
   NGO団体の宿泊先ともなっている。
  CILたすけっと
 事務所、自宅等の備品に損壊はあるが、命は無事ということで、建物が避難所になっている。
 ありのまま舎
  障害者50人、健常者30人が避難している。
  かなりの物資(燃料、ストープ、米、経管栄養材、おむつなど)が必要ということで、東京で準備し、日本財団に運んでもらうように準備中
 福島 
 福祉のまちづくりの会
  もともと船引にいた人たちだが、原発事故のため田村市の旅館に10人が避難している。宿代6350円×10人が1日に必要だが、お金が底をついた。早急に援助してほしい。
  あいえるの会
あいえるの会の利用者の人や周辺の重度障害の人たち25人くらいが、近くの障害者福祉会館に避難をしている。8割くらいは、震災前からの利用者だが、2割くらいは初めて会う人たち。
 現地でのガソリンが不足しているためにヘルパーが移動できない。そのために、5、6人のヘルパーが障害者福祉会館に常駐し、障害者の介護に当たっている。
 (25対6の体制ということです)
 そのほか福島のいわき自立生活センターには避難生活者がおり、茨城のほにゃら、いろはが事務所に相当の被害が出ているという情報が入っている。
②当面の方針
 現地の活動拠点として、当面
 被災障害者支援センター宮城と被災障害者支援センター福島の2か所を早急
立ち上げることで合意
 宮城については八幡を中心に、福島については東京のメンバーで立ち上げを行う。
 ケア府中の杉田健太郎さんが、4月半ばぐらいまでフリーになれるということなので、とりあえず杉田さんが中心メンバーとなります。
 
 東京と大阪の連携としては
 東京が計画停電や地震の影響で、電話がつながりにくい、食料をはじめ物資が不足がち、列車が止まったり運休の状況、ガソリンが特に不足。
 という状況があり、十分な機能を発揮できない。
 当面大阪でもできることはやってほしいとのことでした。
 そのため大阪としても相談やボランティア受け入れ等の窓口開設をすることが必要です。
 現地調査に関しては、ガソリン不足が大きな原因で、中に入り込みにくくなっています。東京から入り込むよりも、大阪で物資を準備し、大阪から新潟経由で入り込むほうがよいと思われます。
 3/16大阪の会議で派遣団を結成したいと考えます。

いわき自立生活センター 発信

●2011.3.14 いわき自立生活センター 発信
いわき自立生活センターです。
いわき市沿岸部は、津波の直撃を受け甚大な被害が出ております。
私たちの訪問介護・生活介護の利用者の方(30代・筋ジストロフィー・
人工呼吸器使用)が津波に巻き込まれ行方不明です。
彼の家は海から30メートリのところにあり、津波警報であわてて帰宅した
お姉さんが80代のおばあちゃんと彼を介助して避難しようとしたまさにその時に
巨大な津波が襲来。3人は波によりバラバラに流されてしまい、お姉さんは偶然電柱
に手がかかり、それにつかまりながら自動車の屋根によじのぼり波が過ぎるのを
待ち、
九死に一生を得た、とのこと。
一昨日私とヘルパーの2名がなんとか現場にたどりつき、お姉さんに
会うことができ、以上の話を聞くことができました。おねえさんはショック状態
で、私もなんと声をかけてよいかわかりませんでした。1時間くらいまわりを捜索しまし
たが、 消息につながる情報は得られませんでした。
昨日もスタッフに呼び掛けて、捜索隊を組織しようとしたのですが、福島原発の
重大事故が発生し、被曝のおそれがでてきたため、断念しました。彼の自宅は第2原発か
ら約20キロのところにあり、現在双葉地区から被曝を恐れていわき市方面に避難してくる人
で、道路は大渋滞です。まさに悪夢です。
3月26日と27日にいわき市で福島原発の廃炉問題(すでに30年という、設
計時の 耐用年数が過ぎているにもかかわらず40年間使おうとしている問題)について
全国集会が呼び掛けられており、当センターも協賛する予定でした。
小説や映画で見聞きし「こんなことがあったら大変だ!」と思っていたことが起
きてしまい、 危機はどこまで進行するのか予断を許しません。

被災地のインスリン入手先について

難病の会の西田さんからのメールを転送します。
============
みなさま
3月14日、日本糖尿病学会は地震の対策本部を設置して、
インスリンが必要にもかかわらず主治医と連絡が取れない
被災者に対して、インスリン入手のための相談連絡先を
公表しました。(専用のフリーダイアルも設置される予定ですが、
まだ番号が決まっていないようです)
日本糖尿病学会東日本大震災対策本部ホームページより
連絡先を転載いたします。お知り合いの方々へ広くお知らせ
いただけますようお願いいたします。
なお、インスリンポンプについては、CSIIを始める際に
緊急時はペン型注射器に戻すように指示をされていて、
処方も医師から指示されているという前提があるため
特段の対策はとられていません。
ポンプのトラブルについては従来どおり、24時間サポートで
対応していますので合わせてお知らせさせていただきます。
◆24時間サポートライン
0120-56-32-56
日本メドトロニック・ダイアビーティス事業部
西田
---------------------------------------------—
<医療機関>
◆岩手県
岩手県岩手医科大学 高橋和眞先生、佐藤 譲先生
0196-51-5111
◆宮城県
宮城県東北大学病院 糖尿病代謝科 片桐秀樹先生、
石垣 泰先生
022-717-7611(日中)
022-717-7856(夕以降)
(相談のみ。外来診療なし)
◆福島県
◎福島市
福島県立医科大学 佐藤博亮先生、渡辺 毅先生
024-547-1111
◎会津若松市
福島県立会津総合病院(福島県立医科大学会津医療センター
準備室) 塚本和久先生
0242-27-2151
◎いわき市
いわき共立病院 小野利夫先生 0246-26-3151
たねだ内科クリニック 種田嘉信先生0246-45-3303
◆茨城県
茨城県日立総合病院 荻原健英先生、岡 裕爾先生
0294-23-1111
(相談のみ。外来診療なし)
<医薬品メーカー>
◆ノボケア相談室
0120-180363(月~金 9時~18時)
0210-359616(夜間と休業日)
ノボノルディスクファーマ株式会社
◆(患者様向け)オプチコール24
0120-497-010(24時間365日)
(患者様・医療従事者向け)くすり相談室
0120-109-905(月~金9時~17時)
サノフィ・アベンティス株式会社
◆リリーアンサーズ
日本イーライリリー医薬情報問い合わせ窓口
0120-360-605(当分の間、24時間受付)
日本糖尿病学会(事務局内)
http://www.jds.or.jp/
東北地方太平洋沖地震対策本部
03-3815-4364 (FAX)03-3815-7985

街頭募金のお知らせ

被災地の障害者に救援金を届けるために
大阪神戸の障害者が街頭募金を呼びかけます。
どうぞ ご参加ください。
3月19日(土)1時~5時
大阪 難波 高島屋前
3月26日(土)1時~5時
大阪 難波 (場所が確定しましたらお知らせします)

被災地の障害者のみなさんへ

牧口一二です。
大阪発で阪神淡路大震災の時から
障害者を対象にした「ゆめ風基金」という
活動を続けてきました。
被災地のみなさん 大丈夫でしょうか?
とくに行政からの援助もなく困っている人(障害者・児)に
1万人を超える人たちの支援で少しづつ貯めてきた「ゆめ風基金」を活用してほしいのですが、
確かな組織か個人に、間違いなく届けたいのでお尋ねするしだいです。
この運動は、阪神淡路での教訓を次に活かそうと、
これまでの16年間 こつこつと活動を続けてきました。
今度の被害は広範囲に及んでいるので、
どの程度の金額を活用していただけるか、
至急スタッフで検討しますが、
まずは実情を知らせてほしいのです。
確かに活用していただけると確認できたところから
少しでも早くお金を届けようと思っています。
どうぞ、連絡をください。
                       牧口一二

緊急にブログを開きました。

 今回の大震災に被災されたみなさん、ご家族のみなさんに、心よりお見舞い申し上げます。
 全国の障害者運動をすすめておられるみなさん、支援者のみなさんに、地震発生時から現在までのうごきを報告させていただきます。 
 3月13日に大阪の障害者団体が集まり、緊急の対策会議を開いて被災地の障害者の安否と被災状況の把握、救援体制の確立へと対応を協議し、障害者救援本部大阪(仮称)を立ち上げました。そして、DPI日本会議、JILなど東京の障害者運動団体の会議に参加するため、翌14日ゆめ風基金八幡理事と障大連の細井さんを東京に派遣しました。
 そして、もっとも被災状況と刻々変化するニーズを把握されている現地の障害者団体に救援活動の拠点づくりをお願いするため、早急に八幡理事が宮城県仙台市で活動している「CILたすけっと自立生活センターin仙台市」に行くことになっています。
 今後はこのブログを中心に情報をお届けします。よろしくお願いします。
 わたしたちは1995年の阪神淡路大震災を経験しており、今度の地震がマグニチュード8.8(13日に9.0に訂正)と聞き、いまテレビなどで報じられているすさまじい映像よりはるかに大きな被害がこれから明らかになっていくと思うと、胸がしめつけられる思いです。
 津波をのがれるために高台に避難しなければなりませんでしたが、多数の被害者が出ている中で、車イスを利用されていたり杖をつかれている方の安否がとても心配です。
 また車イスを利用されている方が避難できるバリアフリーの避難所が用意されのか、また知的障害といわれるひとや視覚障害、聴覚障害のひとがどれだけ避難所のコミュニティーの情報を知ることができるのかも心配です。
 わたしどものもとにすでに被災者の方々からの現状もご報告いただいたり、「助けて」という悲痛な叫びもいただき、わたしたちの方から現地の行政やマスメデアにも連絡し、救助を依頼したりしています。
 一般の救援活動から取り残されてしまいがちな被災障害者や高齢者の情報と支援活動を報告させていただきます。
「CILたすけっと自立生活センターin仙台市」
DPI(Disabled Peoples’ International 障害者インターナショナル
JIL(Japan Councilon Independent Living Centers 全国自立生活センター協議会)