ご支援お願いします!

2019/10/28現在、被災した8つの障害者団体から、救援金の申請が届いています(末に一覧掲載)。

助成検討中ですが、申請額が大きなものもあります(助成希望額の合計は、約1億1,500万円)。

ゆめ風基金の基金額は2億3,214万9,425円(2019年6月末時点)です。

被災地域が広く、今後も多くの支援要請が予想されます。
ご支援お願いします!

【救援金のご送金はこちらにお願いします】
・郵便振替口座 00980-7-40043 ゆめ風基金
(豪雨・台風被害への指定寄付は、備考欄に「たいふう」とお書きください)

・他の金融機関からお振込みをされる場合の口座は
ゆうちょ銀行 店番099 当座0040043 ユメ カゼ キキン
(他行からお振り込みされる場合は、お手数ですが振込日、金額、お名前、ご住所、電話番号をゆめ風基金までお知らせください。1月末に税制控除に必要な領収書をお送りします)

 

【現在届いている救援金申請】

申請事業所 所在地 災害 被災した事業内容 助成金使途 助成希望額(円) 公費支援、助成団体支援の有無
NPO法人障害者の自立を支えるサポートネット 大阪府豊中市 2018年大阪北部地震 ヘルパー派遣等 屋根修繕工事 311,040
社会福祉法人ゆうのゆう 大阪市福島区 2018年台風21号 生活介護施設 事業所再建・天井走行リフト設置費用 10,000,000
NPO法人奏海の杜 宮城県登米市 2011年東日本大震災 子ども広場にこま~る 被災障害児たちの今とこれからを共に考える研修の費用 810,000
一般社団法人佐賀県視覚障害者団体連合会 佐賀市 2019年佐賀豪雨、鉄工所からの油流出   被災した会員1名宅のエアコン、掃除機、冷蔵庫、洗濯機購入費 300,000 日本盲人会連合申請予定
株式会社RIGHTPLACE 佐賀県武雄市 2019年8月九州北部豪雨 放課後等デイサービス 水没した備品・車両購入費 5,411,831
株式会社RIGHTPLACE 佐賀県武雄市 2019年9月九州北部豪雨 放課後等デイサービス 水没した放課後等デイサービス建物補修工事
9,10,11月従業員給与
13,980,000
NPO法人菜菜 佐賀県武雄市 2019年10月九州北部豪雨 B型事業所。自前の畑で野菜生産、収穫、出荷、店舗陳列 水没した車両2台、パソコン、プリンター、書庫 4,849,717
株式会社ライフサポートピュアジャパン 千葉県安房郡鋸南町 2019年台風15号 B型事業所。弁当宅配を中心に活動。 水没した建物復旧費、設備修理費、食材製品被害額 3,000,000  
NPO法人寝屋川市民たすけあいの会 大阪府寝屋川市 2018年台風21号   事業所再建費用 76,200,000

 

 

 

10月6日10時から~「ふくしまは今」拡散希望!

東日本大震災から8年。
福島県が今、どのような状態か、皆さんはご存じでしょうか?

3.11直後、福島県南相馬市で、取り残された障害者の安否確認・生活支援を行った
NPO法人 さぽーとセンター ぴあ 代表理事の青田 由幸さんに「ふくしまの今」を語っていただく機会を設けました。

日時:2019年10月6日(日)10時から11時45分まで
場所:大阪市総合生涯学習センター 第一研修室 https://osakademanabu.com/umeda/access

資料代:1000円

主催:日常生活支援ネットワーク パーティーパーティ

協力:NPO法人ゆめ風基金 BCP研究会

連絡・申込先:ゆめ風基金 〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL 06-6324-7702 FAX 06-6321-5662 メール:yumekaze@nifty.com

またはこくちーずでお申し込みください。 https://kokucheese.com/event/index/575934/

定員 100名

事前申込制

手話・点字等を希望される方は必ず9/15までにお申し出ください。

イベントのお知らせ

毎日暑いですね😓
梅雨明け以降、急に気温が上がったので、なかなか体がついてこないです。
皆さんも夏バテ、熱中症には充分気を付けてください!

さて、イベントのお知らせです。

2019年10月5日(土)13時から、近畿ろうきんメインホールで「サポートV報告会」を行います。
(下記チラシの裏面をご覧ください)

東日本大震災から8年、メディアの報道も減ってきていますが、被災地はどうなっているのでしょうか。

特に今年は「福島はいま」と題するパネルトークもやります。
私たちが送っているような生活を福島のみなさんも送れているのでしょうか。
「福島」ゆえの偏見・差別はあるのでしょうか。
じっくり伺いたいと思います。

また、昨年の西日本豪雨で被災されたかたもお招きし、改めて災害時の恐ろしさとそこからの復興への歩みをお話いただく予定です。

資料代として500円いただきます。
定員になり次第、締め切りとなります。
貴重なこの機会をお見逃しなく!!!

お申込み、お問合せは「ゆめ風基金」まで
電話 06-6324-7702 Fax 06-6321-5662 E-mail  info@yumekazek.com

または「こくちーず」からもお申込みいただけます

https://kokucheese.com/event/index/575941/

皆さまのお越しをお待ちしています!

(な)

被災障害者救援「8.20 同刻各地いっせい街頭募金活動」をやりませんか

※名称を「8.20同時多発いっせい街頭募金」から「8.20同刻各地いっせい街頭募金活動」に変更しました(8/16)。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

ゆめ風基金も参加している大阪障害者救援本部(有志の団体や個人のネットワーク)が、「8.20同刻各地いっせい街頭募金活動 」をよびかけています。

8月20日18時~20時にそれぞれの地域で、同時多発的に募金を行い、集まった募金はゆめ風基金を通じて全額を被災地におとどけするというものです(直接被災地にお届けいただくのも歓迎です)。

申し込みは必要ありません。急なのでむずかしいとは思いますが、「わたしも地域で街頭募金をやりますよ!」という方はお知らせいただければありがたいです。開催される募金会場への個人参加も大歓迎です。当日参加できない方もいらっしゃると思います。ご寄付いただければ全額を被災地にお届けします。

【連絡先】

大阪障害者救援本部 担当 東 耕大
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
電話 06-6324-7702 FAX 06-6321-5662 メール yumekaze@nifty.com

 

【決定している街頭募金13か所(8/10現在)】

①阪急淡路駅前(淡路商店街)→ 社会福祉法人 ノーマライゼーション協会

②大阪駅ヨドバシカメラ前→ NPO法人 ゆめ風基金、NPO法人 日常生活支援ネットワークパーティ・パーティ、豊能障害者労働センター

③大阪メトロ蒲生四丁目駅前→ 城東区地域自立支援協議会

④京橋駅JR京阪通路→ NPO法人 あるる

⑤南海難波駅高島屋前→ NPO法人 自立生活センター・いこらー、NPO法人 リアライズ

⑥JR天王寺駅東口(17:00~19:00)→ NPO法人 ムーブメント

⑦南海天下茶屋駅前→ NPO法人 自立生活夢宙センター

⑧近鉄針中野駅前→ NPO法人 ちゅうぶ

⑨JR桃谷駅前→ NPO法人 出発のなかまの会

⑩近鉄八戸ノ里駅前→ NPO法人 ぱあとなぁ

⑪近鉄八尾駅前→ NPO法人 自立生活センターやお

⑫(※愛媛県)伊予鉄高島屋前(松山市)→ NPO法人 自立生活センター松山

⑬(※埼玉県)春日部市内検討中・開催時間未定→ わらじの会

 

【チラシ】

 

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の報道は少ないですが、被災地域はとても広いです。

西日本豪雨の死者はすでに226人(8/10現在)、死者の8割が障害者や高齢者で自力で避難することが困難な要支援者だった、という報道もあります(8/2産経新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000054-san-soci)。

また、助かった障害者の中には、支援が届かず、とりのこされている人も多いと思います。熊本地震では、直接死以外のその後の関連死が200人以上となっています。。

しかしみずから被災地に行き支援できる人ばかりではありません。

そこで、いちど同じ時間帯に同時多発的にそれぞれの地域で募金活動をして、社会に「わたしたちは被災した障害者のことを忘れてないぞ!なんとかするぞ!」というメッセージを、そして孤立している人に「一人じゃないよ!応援するよ!」というメッセージを、むずかしいかもしれませんがなんとか届けませんか?

私は熊本地震で、孤立し、仮設住宅の手続きもできず、全壊判定の家にとどまっていた障害者に出会いました。今でも土砂が流入した家でとほうにくれている人がいるんじゃないだろうかと、とても気になっています。

20日はむりでも、今後とも一緒に考えていきたいです。

ゆめ風事務局は被災した障害者個人におとどけする、お見舞金の申請や問合せなどでおおわらわですが(先ほども、作業所の人から「土砂災害で困っているメンバーにお金を前借りしてもらっていたら、お盆を過ごすお金もなくなりました」と連絡がありました)、なんとかしたいと思っています。

どんなときもだれもとりのこされないようにしたい。よろしくお願いします!

事務局 東

【動画】被災地支援報告

こんにちは!ゆめ風事務局です。
2018年3月25日の総会での、被災地支援報告の様子を動画でお届けします。

今後も全力で被災障害者支援を続けます。
いつも応援ありがとうございます。

東西のキーマンぶっちゃけ対談~福島⇔大阪 ねちっこくつながっていこう~

1/12(金)、「東西のキーマンぶっちゃけ対談~福島⇔大阪 ねちっこくつながっていこう~」に参加しました。

内容は、あいえるの会(福島県郡山市)の白石清春さんと、DPI(障害者インターナショナル)日本会議の尾上浩二さんの対談です。
前半は、白石さんが関わった障害者運動の歴史がテーマで、
後半は、「東日本大震災から7年経った福島の状況」がテーマでした。

(壇上向って右から、白石さん、尾上さん)

白石さんから語られた福島の現状

・現在、福島県内の障害者運動は、原発事故の影響で避難移住をしたリーダーが多いこともあり、弱体化している。事業所間のネットワークも弱まっていたので、障害者団体連絡会が統合された。

・東日本大震災以降は、地元を離れる人も多く、障害者ヘルパーの不足が著しい(実際、白石さんのヘルパーには、震災後福島県外から来た人たちもいる)。

・原発近くの地域は、避難指示が解除された地域が増えてきてはいるが、以前の人口には戻らず、障害者サービスが弱体化している。そのため震災以後、遠方からあいえるの会に通ってきている障害者もいる。

・自分も可能なら避難したいという希望もないわけではないが、仲間が残っているので責任がある。また、避難はさまざまなストレスが多い。福島に留まっている障害者の生活も支える責任がある。

 

今回のイベントの主催は、昨年立ち上がった「チームもちもち」です。
「餅のように、ねちっこくつながっていこう」という意味で名づけられたそうです。

イベント終了後、メンバーの前川さん(出発のなかまの会)から話を伺いました。
「被災状況は今でも続いています。そして、それぞれ置かれている状況が違います。メディアの報道が減ってきた中で、少しずつ地道につながっていければと思います。まずは状況を少しでも知ってほしいです」とのこと。

チームもちもちは、今後も福島と大阪の人たちの交流の催しを行っていく予定と聞いています。大切なこころみだと思いますので、応援していきたいと思います。

事務局・東

東北訪問報告

※今年10月、ゆめ風基金理事の八幡が岩手、宮城、福島を訪問しました。報告を掲載します(ゆめ風基金季刊誌『ゆめごよみ風だより81号』より)
※『ゆめごよみ風だより』は、ご希望の方にお送りいたします。事務局(メール:yumekaze@nifty.com/電話:06-6324-7702
)までご連絡ください


東北訪問報告

未だ3万軒を超える仮設住宅が存在しているという東日本。
震災から6年半が経過した今も被災そのものの状況は、あまり変わっていません。
今回現地から助成金の申請もあり、岩手、宮城、福島と訪問してきたのでその報告をさせていただきます。

 

進まぬ復興

(陸前高田市の一本松茶屋からの風景。土砂が高く積み上げられている)

10月16日から3泊4日で被災地を訪問してきました。初日についた岩手県宮古市では役所が津波被害にあったことから、移転工事が始まっていて、駅の裏は大掛かりな工事をしていました。

現在盛岡‐宮古間の列車は2015年の大雨の影響で土砂崩れが発生し、今も動いていません(本通信が届く12月にはようやく再開の見込みです)。また宮古‐釜石間も津波被害により未だ不通であり、こちらは来年にJRから三陸鉄道に事業者を変えてようやく再開するということです。

岩手で被害の大きかった山田町、大槌町、陸前高田市などをまわってきましたが、やはり流された街の復興には程遠い状況です。山田町は地面のかさ上げをせずに10mほどの堤防を整備する計画を進めていますが、スーパーの移転や市営住宅の建設など一部が進んでいるだけです。陸前高田市は堤防とともに町全体も10mほどのかさ上げを行っていて、大半がいまだ造成中です。

 

全村避難の川内村

(福島県川内村のサロンどじょう。現在障害者8名ほどが通っている)

4日目に訪れたのは福島県川内村にあるサロンどじょうです。川内村は村内全体が原発から30キロ圏内にすっぽりおさまるところに位置しています。一時は全村避難のため、入所施設にいた障害者も施設から出て家族とともに村外へ避難しました。

しかし1年たって帰村宣言が出されました。住民登録人口の3,038人のうち2,196人が帰村しました(2017年9月1日現在)。しかし入所施設にいた人たちは施設が運営を辞めたので、行くところがなくなってしまいました。そこでとりあえず障害者の居場所づくりをしようということで立ち上げられました。未だ正規の福祉サービスにはなっておらず、国の震災支援事業の補助金で運営していますが、それも間もなく打ち切りになるので早く就労継続事業としてスタートしたいと話されていました。

次回にもう少し詳しい報告をさせていただきますが、本当に復興には程遠いと感じる訪問でした。

原発事故避難者の総会に参加しました

ゆめ風事務局の東です。

12月17日、原発事故避難者団体(Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち)の総会に参加しました。
当日の様子をまとめた動画をご紹介します。

当日は、さまざまな避難者の声を聞くことができました。
日本では、いまだ原子力緊急事態宣言が発令中であり、原子力災害は継続中です。
しかし、メディアからは原発事故被害者、そして避難者の声は、ほとんど伝えられることがありません。
ぜひ聞いていただければと思います。

ゆめ風基金では、東日本大震災および原発事故で被災した障害者の支援も行っております。お困りの方はご連絡ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

【動画】

「ゴーウェスト第一回総会vol.1」
https://www.youtube.com/watch?v=anMlzURzVx8

「vol.2」
https://www.youtube.com/watch?v=4QMkRCY8HG8

「vol.3」
https://www.youtube.com/watch?v=lh11SmWINeI

※個人的には、vol.3の15:30頃~の佐藤さん(群馬からの避難者)の話には目頭が熱くなりました。
※福島はじめ東日本には、原発事故の影響で苦しい状況にある方々が今でもたくさんおられます。一方、そこから避難した方々も多くおられ、避難先で苦しい状況にある方々も多くおられます。
総会には、関東からの避難者も多く参加されていました。
実際、国の発表によると、2011年の福島第一原発事故によって、福島県だけではなく東日本の広い範囲に放射性物質が降り、被害を受けました(実際一例ですが、事故後福島県、宮城県、岩手県だけでなく、関東圏の栃木県、茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県でも大規模な除染作業が行われました)。

 

【ゆめ風基金事務局・連絡先】
〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
ホームページ:http://yumekaze.in.coocan.jp/
メール:yumekaze@nifty.com
電話:06-6324-7702
ファックス:06-6321-5662

10/28 避難者ピアサポート体験講座に参加しました

10月28日(土)京都市で、「避難者ピアサポート体験講座」が開催され、事務局の東が参加しました。

内容は、ピア・カウンセリングの第一人者である安積遊歩(あさかゆうほ)さんを講師に迎え、2011年3月に東日本大震災に引き続いた東京電力福島第一原発事故避難者たちが仲間どうしで聴きあい、助け合う方法を学ぶというものです。

 

テーマ・方向性は、「3.11以来、大きく人生のギアを入れ替えながら、それぞれの生きがたき人生を生き延びてきた私たち。もう一度どんなによくやってきたかを振り返り、どの瞬間もベストを尽くしてきたことを、確認しましょう」というものです。


(ピアサポートについて説明される安積遊歩さん(壇上))

本文章を書かせていただいている東自身も、東京からの放射能避難者です。原因不明の全身のアトピーと重いぜんそくにかかったということもあり、親しんだ人たちから離れ、2014年に大阪に避難してきました。

東京からの避難ということはほとんど理解されることはないため、大阪で知り合う方々に放射能避難という事実を伝えたことはほとんどありません。

 

今回の講座には、福島県をはじめ東北の方々だけでなく関東からの避難者も多く参加されていたため(合計10名ほど)、二人一組になってお互いの話を聴きあうピアカウンセリングの時間は、私自身にとっても避難の苦労や理解されないつらさを安心して共有できる貴重な時間でした。

 

またピアカウンセリングの手法は、個人的には新鮮で学ぶところが多かったです。その手法は、「話し手と聴き手をしっかり分け、話す時間と聴く時間を区切り、聴き手は話し手の顔を見て、聴くことに専念する。聴いたことは外に持ち出さない。聴き手は相手の話の内容よりも、話し手の感情(涙や笑いなど)が出ることを意識して聴く」というものでした。

 

安積さんが見本として、参加者の前で、ある避難者の方の話を聴かれていましたが、安積さんの話し手の感情を引き出すやり方はとても上手に思われ、私も引き出された話し手の方の思いを聞いて久しぶりに号泣しましたし、自分も安積さんのように人の話を聴けるようになりたいと思いました。

 

最後になりますが、法的事実として、日本では2011年3月11日に発令された原子力緊急事態宣言が現在でも解除されていません(参考①:衆議院ホームページ質問主意書より)。

また、この原子力緊急事態宣言により現在日本では、福島第一原発事故前には、放射線業務を行う労働者が特定の条件でのみ立ち入りが許されていた放射線管理区域レベルに汚染された地域での居住が政府により容認されています。(参考②:「電離放射線障害防止規則」参考③:文科省土壌汚染モニタリング結果

 

ゆめ風基金では、2011年3月から東京電力福島第一原発事故を「原子力災害」と認定し、放射線レベルの比較的低い場所で過ごすための保養活動や、移住支援、事業所の移転等にも救援金をお届けしています

原子力災害は現在でも継続中であり、もちろん今後もゆめ風基金は東日本大震災被災障害者支援だけでなく、原子力被災障害者支援も継続していきます。お困りの障害者の情報などありましたらぜひご連絡ください

 

ゆめ風基金は、障害者や高齢者、病弱な人など特別なニーズをもつ人が生命や人権を脅かされることがないよう、適切な支援活動が行われるようにサポートすることを目的に、今後も活動を続けていきます

事務局だけでは力不足なことが多くあります。みなさまと輪を広げていくことで、少しでも被災障害者支援を前に進めていければと思います。
引き続きなにとぞよろしくお願いいたします。

事務局・東

 

 

ゆめ風基金事務局・連絡先

〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
メール:yumekaze@nifty.com
電話:06-6324-7702
ファックス:06-6321-5662

7/15「ゆめ風であいましょう in大阪」無事終了しました!その1

 

 

 

 

 

 

 

7月15日(土)、年に一回、近畿ろうきんさんとの協働イベント「ゆめ風であいましょうin大阪」が、ろうきんホールで行われました。

会場は満員のお客さま。熱気で冷房も効きにくかったりして、ご迷惑をおかけしました。

まずは、近畿ろうきん 山下理事長のご挨拶。(写真上部)
今年で4回目となった「サポートV報告会」。
このサポートVの説明もしていただきました。
そもそも・・・

東日本大震災 復興支援定期預金「サポートV」とは

「毎年3月末の残高をもとに寄付金を算定し、2021年3月末までの10年間にわたって、近畿ろうきんから寄付を行う社会貢献預金です。寄付先団体は、各被災地において、震災遺児支援を行っている「あしなが育英会」と被災障害者の支援を行っている「認定NPO法人ゆめ風基金」・支援の手が届き難い社会的弱者を直接支援しています。これまで6年間で1億2,210万円の寄付金を届け、10年間では1億5,690万円を見込んでいます。」

ゆめ風基金にも2012年から6年間で6100万円を越える支援金をくださっています。
このお金で延べ13ヶ所の障害者が働く場・生きる場などの設置ができました。

改めて深く御礼申し上げます。

次に、ゆめ風基金の牧口代表からも一言ご挨拶。


 

 

 

挨拶は苦手・・・と言いながらも、最近お気に入りの前掛けをつけて、暑い中お越しくださった皆様へ一言。

 

ここからは東日本大震災の被災地報告です。
最初は、あしなが育英会さんの「東北訪問記」。(写真上)
ご自身、親御さんを亡くされ、育英会の支援を受けながら今は大学生活を送っている西村さんは、「あしなが育英会東北レインボーハウス」の視察や震災遺児について報告。
『遺児、遺族の心の痛みが色あせることは一生ない』との言葉は痛みを伴って、深く心に刻まれました。

続いてゆめ風基金の報告は長崎が。

 

 

 

 

 

 

2016年度に頂いた1055万円が
①福島県二本松市のNPO法人コーヒータイム移転費用に500万円
②福島県いわき市のNPO法人なこそ授産所グループホーム新築費用に500万円
③岩手県宮古市NPO法人結人(ゆいっと)の放課後デイサービス用事業所をバリアフリーにする工事へ55万円

以上三か所に使わせて頂いたことを写真入りで報告しました。
それぞれの建物には、このようなプレートが貼られています。

 

 

 

 

 

20年、30年と語り継がれていく支援の証。
息の長い支援は、ありがたいことです。

そして、今日のために前日から大阪入りしてくださった、福島県二本松市のNPO法人コーヒータイム 理事長の橋本さんから、現在の福島についての報告が行われました。


 

 

 

 

 

あの震災時、原発事故のため、浪江町から二本松へ避難してきたご苦労、今ある偏見、ふるさとへの思いなど、やはり被災地のかたにお話頂くことの大事さを実感しました。

一つお詫びを・・・。
会場に痰吸引されていたかたが来られていて、私、恥ずかしくも工事の音と勘違いしてしまいました。
当事者のかたを傷つけてしまい、本当に申し訳なかったです。
心からお詫び申し上げます。

その2に続く