台風被害 事務局から

今日、10月28日、ゆめごよみ臨時号を発送するため作業をしてくれているボランティアのみなさま。

10,000部近くをマスは縦半分に折り、会員の住所を印刷した紙を巻いてセロテープで止める。
これを手作業でやってくださっています。

角度を変えて・・・

 

被害状況をまとめたりするのにバタバタな事務局にとって、
心強い助っ人の皆さんです。
長い方は阪神淡路大震災以降、お手伝いをしてくださっています。

いつもありがとうございます!

皆様のお手元にも、ゆめ風の機関紙臨時号は、
順次届くかと思います。
しばしお待ちくださいませ。

 

(な)

台風19号被害-続報5

10/24、いわき市の「いわき自立生活センター」さんからメールをもらいました。

ここから転載します。

———————————————————————————-

昨日(10/23)、いわき市内の障がい福祉施設等が加盟している「いわき市障がい者福祉連絡協議会」の事務局から、いわき福音協会では一定程度の物資の確保ができましたという連絡が入りました。

いわき市内の現状も合わせてお伝えします。
発災直後から続いていた、いわき市北部の広域的な断水ですが22日から被害の大きい平窪地区、小川地区から通水を始めて、解消に向かっています。
水道局では27日を目途にすべての地区への給水という発表をしていますが、それよりも早まる可能性が出てきています(水道局の発表している地区以外でも水が出ていると情報があります)。

また、水が使えるようになったことで、家の中の清掃、泥出し、道路の清掃も可能になると思います。
やはり、22日から平窪地区、小川地区で無料の買い物支援バスの運行と、市の協定に基づくカーシェアリングの車の運用もこの地区限定でスタートしています。

断水が解消されれば、入浴のできる生活介護事業所1か所での入浴っができるようになったりするものと思われます。

水や生活物資ですが、東日本大震災のときに比べて、たとえ品薄になったとしても入荷されないということがなく、ペットボトルの水も今週の月曜日くらいからスーパー、量販店に以前のように山積みにされるようになりました。その他の物資も順調に入荷されているようです。

このような状況になっています。

今回は、本当にありがとうございました。

———————————————————————————-

また、以前ゆめ風が支援した福島県いわき市南部の「なこそ授産所」さんからも「うちは無事」と連絡をもらいました。(こちらの代表は「育成会」の役員もされていて、地元同士のつながりが強いと感じました)

ただ、近隣の作業所やグループホーム1階が浸水したところもあったようで、布団などを集めて持っていったそうです。

いわきの福祉関係者に、ゆめ風基金のリーフレットなどが回っているようで、「パソコンが水没した」など日常業務に支障が出ているケースも多いようです。
調査を進めながら「つながって」いき、支援を進めていけたらと考えています。

(な)

台風19号被害-続報4

先日、いわきへの水支援をお願いしましたが、当該事業所の水不足は解消されたとのこと、皆様のお気持ちに感謝です。

 

埼玉では「しびらき」という施設も浸水しているようです。
頂いたメールを紹介します。

—————————————
社会福祉法人 邑元会-しびらきさんですが、3F建ての入所施設の1F部分が床上1mほど浸水、11日から、13日にようやく水がひいて、
朝、地元の商店会さんや福祉関係者などによるボランティアが入って
片付けの結果、だいぶ通常に戻ったとは聞いています。
ボランティアの受入は21日までに終了し、
今後は通常運営の傍ら利用者さんたちと片付け作業をする予定とのことですが、また迫り来る台風に恐々としているところです。

調理室やレクリエーション室などが被災し
大型の冷蔵庫やエレベーターなど電化製品や電気設備は全滅、しごとの場としての、別棟のいちご栽培のハウスや、パン製造販売のベーカリー、クッキー工房なども1ヶ月程度は生産できないと聞いています。

—————————————————

ゆめ風の支援が必要な障害者団体がありましたら、お知らせください。

(な)

台風19号被害-続報3

●埼玉県川越市「けやきの郷」
先ほど支援要請がありました。浸水により備品等ことごとく使えなくなったとのこと。現地で調達できるのであれば、パソコンや周辺機器を購入後、請求書をゆめ風に送ってもらい、支援を検討します。

●岩手県 吉田川の決壊による被害2件
①わ・は・は大郷 床上浸水
②めるくまーる粕川mみらい 床上2mの浸水

●福島県 いわき市 夏井川の決壊
③NPO法人 ままはーと 床上浸水
④いわき自立生活センター 事業所は無事だが職員3にが床上浸水で出勤できず。
*いわきは特に浄水場が浸水したため断水が続き、復旧のめどが立たない模様。早急に水を支援します。

郡山市 阿武隈川と安達太良川の氾濫
⑤(社福)希望の社・・・スペースけやき 事業所は無事だが職員・利用者とも床上浸水多数。工房けやき・・・床上浸水
⑥(社福)にんじん舎の会 デイセンターにんじん倶楽部-床上2mほど浸水。
⑦NPO法人ほほえみの間(就労継続B型) 1階が浸水、電話が通じず連絡がとれない。
⑧地域活動支援センターげんき-水路の近くで内水氾濫による被害。1階が浸水。電話が通じず連絡がとれない。

南相馬市
⑨NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 工房もくもく 床上50センチほどの浸水

その他、被災が確認されて詳細は1週間ほどでわかるところ
・(社福)ほっと福祉記念会
・(社福)浅積愛育園
・合同会社ケーエム・ジェイ  以上郡山市
須賀川市
・(社福)福音会 3か所が屋根まで浸水、再開のめどが立たない。

*郡山の情報は東日本大震災で知り合ったかたが情報収集してくれています。
このかたが、いわきから要請のあった水2リットル6本入りケース×100、バスタオル100枚を届けてくださいました。後日、ゆめ風がお支払いします。

大変な被害状況がわかってきました。
ゆめ風ネットやつながりのある皆さんの情報が貴重です。
ご存じのかたがいらっしゃったら info@yumekazek.com へご一報ください。

さらに被災地域が広く、今後も多くの支援要請がくると予想されます。
どうか皆さまのご支援、よろしくお願いします。

台風被害へのご寄付は 

郵便振替口座
00980-7-40043 ゆめかぜ基金 たいふう、とお書き添えください。
ゆめ風への寄付は税制控除が受けられます。

 

台風19号被害続報-2

2019/10/18
いま、全国のゆめ風ネットや協力団体からの情報が、続々と寄せられています。
宮城、埼玉、福島、新潟…。電話がひっきりなしに鳴っています。
支援申請も続々と。

福島県いわき市では今も断水していることから、生活物資の要請がありましたが、大阪から送ると時間がかかるので、郡山の仲間から送ってもらうことにしました(ゆめ風が資金提供します)。

障害者施設の被害は今回早くに報道されていますね↓

現在寄せられている障害者の作業所などの被害は15件以上で、これからまだ増えるでしょう。

近日中にゆめ風の機関紙「ゆめごよみ」臨時号を発行し、全国の皆様に現状をお伝えする予定です。

また、九州の豪雨災害でも支援申請が届いており、理事会で検討後、早急に支援したいと考えています。

今後も続報を更新していきます。

ご寄付は 

郵便振替口座
00980-7-40043 ゆめかぜ基金 たいふう、とお書き添えください。
皆様のご支援、なにとぞお願いいたします。

 

(な)

先日、九州豪雨災害地へ。そしてまた台風19号が・・・

事務局長の八幡が、先日、九州豪雨で被害にあった作業所等を訪問してきました。
事前に情報をいただき、4ヵ所、回らせてもらい、その大変さを実感してきたところです。ゆめ風支援要綱をお渡しし、修理や備品購入などの申請も届きはじめたので、早急に理事会で検討し、支援へと移る予定です。

千葉県も「ゆめ風ネット横浜港北」のひとが見てきました。成田市、匝瑳市(そうさし)、横芝光町、千葉市、市原市、君津市、袖ヶ浦市などです。
倒木で屋根が破損したグループホームや、浸水被害、塀が倒れた事業所もあったそうです。
しかし、千葉県は広く、なかなか全部は回り切れない状況です。
障害者の生きる場・働く場・住む場、そこが被災したという情報をお持ちのかたがいらしたら、是非、お知らせください。

そしてまた大型の台風19号が接近してきています。
水や食料はありますか?
スマホの充電器などは十分ですか?
停電に備えて、カセットコンロとボンベの確認、家の周囲の鉢植えや傘立てなど飛びそうなものは片付けて、「安全確保=命を守るには」、何をすればいいか、というサイトがたくさんあるので、それも参考にしながら準備しましょう。
できればご近所の高齢者や一人暮らしのかた、障害があるかたにも一声かけあえるといいなと思います。

近畿では今日の午後から雨、風が強くなるとのことで、私も予備食料や電池を買い足してきました。
自然の猛威の前ではなすすべもない、それはそうなんですが、できること、例えば備蓄する、風呂の水を張っておくなどできることはいろいろあります。やって損はないと思うのです。
自分たちの避難所はどこか、その確認もしつつ、日中、早め早めの避難をしてください。何もなければ「よかったね」で済む、それが一番です。

気象庁「命守るため、早めの備え、避難を」https://mainichi.jp/articles/20191011/k00/00m/040/121000c?fm=mnm

 

皆さんへの被害が最小でありますように…。

 

(な)

 

 

 

9月14日、街頭募金動やりました!

残暑厳しい9月14日、なんば高島屋前で恒例の街頭募金活動を行いました。

皆さん、いい笑顔!

近くのビルの温度計では35度!の表示が。

 

大勢、外国人も行き交うなんば。
なかなかカンパチラシを受け取ってもらえず、少しへこみましたが、
メンバーは元気に声を出し続けてくれました。

皆さん、お疲れさまでした!

次回は12月第二土曜日の予定です。

今からスケジュールを開けておいてください!

 

(な)

街頭募金活動のお知らせ

大雨被害が、連日ニュースで放送されています。

みなさまがお住まいの地域はいかがでしょうか?
大きな被害が出ないことを祈っています。
万一、何かありましたら、お力になれることがあるかもしれません。(障害者関連に限る)ご一報ください。

さて、恒例の「街頭募金」です!

日時:2019年9月14日(土)13時~17時
場所:なんば高島屋前

まだ残暑厳しいころです。
熱中症対策の上、30分でも1時間でも被災地の障害者に届く大声を出してみませんか?

私も15時くらいから参加します。(ちょうどヘルパーさんの介護を受けている日なので終わり次第!)

お会いできるのを楽しみにしています!

(な)

 

10月6日10時から~「ふくしまは今」拡散希望!

東日本大震災から8年。
福島県が今、どのような状態か、皆さんはご存じでしょうか?

3.11直後、福島県南相馬市で、取り残された障害者の安否確認・生活支援を行った
NPO法人 さぽーとセンター ぴあ 代表理事の青田 由幸さんに「ふくしまの今」を語っていただく機会を設けました。

日時:2019年10月6日(日)10時から11時45分まで
場所:大阪市総合生涯学習センター 第一研修室 https://osakademanabu.com/umeda/access

資料代:1000円

主催:日常生活支援ネットワーク パーティーパーティ

協力:NPO法人ゆめ風基金 BCP研究会

連絡・申込先:ゆめ風基金 〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL 06-6324-7702 FAX 06-6321-5662 メール:yumekaze@nifty.com

またはこくちーずでお申し込みください。 https://kokucheese.com/event/index/575934/

定員 100名

事前申込制

手話・点字等を希望される方は必ず9/15までにお申し出ください。