中学生プロジェクト

11月7日(水) 柴島中学生プロジェクト
ゆめ風基金 福本千夏

大阪行動する応援センターと大阪盲ろう友の会・ゆめ風基金・牧口代表と
柴島中学 二年生の皆さんと避難訓練してきました。

教室に招かれ、自分の障がいのことや避難の時にはどんな支援が必要なのか話します。
目が不自由な方は「被災時や避難時など情報を得られず不安です。
一緒に避難していただく時には、周りの状況を逐一知らせてほしい。
移動中、止まる時は肩を引く、進む時は背中や腕を軽くたたいて合図をしてください」と話されました。

福本は「私は脳性まひという生まれつきの障害です。
声が出しにくいので、聞こえていないんじゃんいか・考えていないんじゃないかと思われてしまいます。
が、みなさんの言うことは聞こえています。みなさんのほうが私のいうことがわかりにくいと思います。
わかったふりも、たまにはいいですけど((笑)
大事なことは二度三度聞き返してくださいね。
あと移動の時は長く立てません。なんらかの支えがいるので、今日は腕を貸してくださいね」とお願いしました。

その後、避難訓練の時は一人で行動しない。ふざけないなどの注意事項を考えました。
この教室から避難所に設定されている体育館までどんな経路でだれとどんなふうに避難するかを確認しました。

到着した体育館で感想を述べあい、無事終了いたしました。
「緊張したね・ありがとう。ご苦労様です。けど、今の体育館はすべらへんし、トイレまでついてあるんや」と感心していると
「今のっていう言い方、どんだけ昔(・・?)」と笑われちゃいました。
「40年以上前かな。好きな男の子もおったよ」と私。
「何部の子」とそういう話は不思議と通じちゃいます。
「バレー部。あなたの好きな子は何部?」きゃきゃきゃと笑って女子トークでした。

中学生との出会いは毎年元気を頂けます。

元気な生徒さんの前に立ち、締めの話を体育館でするのは牧口代表。
「人間、それぞれみな違う。その違いのはみ出方が大きい人を障害者って言うてる。
そこで…障害者がこの世の中からいなくなったらどうなると思う?」
と問いかける。
「便利になる」「心配がなくなる」という答えから自然に
「寂しくなる」「優しさが欠けるようになる」「今の社会に満足して、進歩がなくなる」と
色々な人がいる社会がいいという話の流れになる。
「牧口さんは?」と聞かれ。
「僕は、世の中、強いものばかりなったら、強いもんが強いもんを殺して、
しまいには殺し合いになって、最後にはたった一人になってその人も死んでしまうのと違うかなって。
人ってひとりで生きられへん生き物やねんけどね」と言葉を残しました。

宇都宮方面の皆様へ!

(↑ クリックで大きくなります)

そういえば、栃木方面への講演会って、ゆめ風では少なかった・・・と記憶しています。
なんと!
12月2日、上記のように、事務局員ナガサキがお邪魔します。
テーマは「障害と防災」。

「助かりっこない」からとあきらめがちな障害者の皆さん、そこであきらめたらさみしいじゃないですか。
しぶとく生きのびる方法を一緒に考えませんか?という催しです。
一人でも多くの方に来て頂ければ嬉しいです!

⇓ し込みはこちらから!

振込用紙のコメント

みなさまから寄せられた
基金とともの温かいエールの言葉に感謝して、振込用紙にびっしり書き込まれたコメント、
紹介させていただきます

◆被災された皆さん 日々続く酷暑が心配です(東京都杉並区)

◆福島の「本当に言いたいことが言えない」同感と思いました(東京都杉並区)

◆83号の批判についてーどこにでも批判する人はいるものです。そういう人は何もしていないのですが。でも、皆様に感謝し応援している人はたくさんいます。これからもよろしくお願いします(山形県村山市)

◆西日本各地の豪雨。何とか乗り切っていただきたいと切に願うばかりです(富山市)

◆一日も早く笑顔に戻りますように(宮崎県岩沼市)

◆皆様のご無事と早くの復興を祈っています(石川県白山市)

◆一日も早く平和な日々が戻りますよう(北海道千歳市)

◆年金の中からほんのささやかですが…活動を続けてくださってありがとうございます(三重県松阪市)

◆広島が私の故郷です。思いもかけない被害でした(熊本市)

◆熊本地震では、全国の方々に支援していただきました。少しでもお返しさせて頂きたいと思います(熊本県菊池市)

◆酷暑お見舞い申し上げます。皆様くれぐれもお身体ご自愛くださいますよう。被災者にとっても、支援者にとっても厳しすぎる夏です(宮城県仙台市)

◆報道に出ない身障者のお手伝いの足しにしてください(山口県熊毛郡)

◆地震、豪雨、酷暑と被災された皆様のご心労を思うと、言葉になりません。くれぐれもご自愛のほど。一日も早い復興を心より願う。対応に敬意を表します(大阪府吹田市)

◆自然の前で人間は無力を感じます。が、助け合う優しさも見つかればと思います(大阪府寝屋川市)

◆年金から少し送金させていただきます。被害にあわれた方にお見舞い申し上げます(神奈川県川崎市)

◆私の少しの寄付が少しでもお役に立ちますよう(東京都世田谷区)

◆いろいろと大変ですね。お力添えになれればと(広島県安芸郡)

◆微力ですが、有効にお使いいただけることに感謝いたします(東京都板橋区)

◆なぜこんなにも災害が多いのか心が痛みます。どうぞ使ってください(神奈川県横浜市)

◆作品展からの売上げ(チャリティー分としての作品)からです。

◆毎年の豪雨災害。単なる自然災害と言って済ませるマスコミの問題意識のなさにはあきれるばかりです(東京都八王子市)

◆ささやかな協力ですが、年金生活者のため・・・(東京都国分寺市)

◆皆様体調はいかがですか(栃木県宇都宮市)

◆8/20高島屋(心斎橋)の前で募金をしたものです。お役に立てたらと思い、送金します(東京都三鷹市)

◆いくらあっても足りない昨今の各地の被災ですが、公的なものでない民間の良さを大切にご縁あるつながった一つ一つを丁寧にご対応頂けますように(滋賀県甲賀郡)

◆いつも応援しています。いつか我が身も不自由になるんですから(北海道北見市)

9/1~
◆大雨や台風の際に人から心配される山間に住む身だが、有難いことにこれまでは無事。少しでもお役に立てていただければ幸いです(愛媛県松山市)

◆西日本豪雨・友人が広島市に住んでいます。無事だということですが、被害の事等は教えていただけません。代わりと言っては失礼ですが、お役に立てば幸いです(福島市)

◆次々と起こる自然災害・被災された方のことを想うと心が痛みます。合唱(広島県庄原市)

◆9月6日の北海道地震で被災された方の一助になればと思います。がんばってください(東京都狛江市)

◆寄付です。みなさんの活動を心強く思っています。ありがとう(石川県金沢市)

◆九州・大阪・北海道と次々と災害が起きています。少しでも助けになればと思います(埼玉県入間市)

◆また、大きな災害。心が折れます。ゆめ風の実行力に頭が下がります(山梨県南区)

◆北海道・一日も早く住む所ができるよう願っています(神奈川県相模原市)

9/10~
◆どうしてこんなに災害が多いのでしょうか?弱い立場の方にお役にたてれば…(京都市)

◆災害の多い年でするね。個人の力では何もできない。政治を変えなければならないと思います(愛知県名古屋市)

◆何か起きているのか毎日信じられない思いです。ゆめ・風スタッフの方たちに感謝します。何をしてよいかわからず、ただ託すだけです。よろしくお願いします(島根県松江市)

◆久しぶりに送金させていただきます。牧口さんはじめスタッフの皆さん、身体に気をつけてがんばってください(大阪市城東区)

◆次から次へと災害があり、何もしてあげられないので、せめて気持ちだけ(東京都日野市)

◆自然の猛威に私たちが試されているとしか思えません(東京都多摩市)

◆水害・台風・地震と自然災害に多くみまわれた日本列島。被災された方の役に立てれば(東京都小金井市)

◆日本中が大変な時。どうぞ皆さん頑張って!(大阪府八尾市)

◆東京だけは今のところ台風もよけてくれています。少しの木を得力です(東京都港区)

◆活動ご苦労様です(大阪府豊中市)

糸賀一雄記念賞を頂きました!

糸賀一雄記念賞を頂きました!

【メモメモ】糸賀一雄氏とは・・・?

滋賀県で、昭和21年に知的障害児等の入所、教育、医療を行う近江学園を設立。以後、西日本で最初の重症心身障害児施設「びわこ学園」や知的障害児者施設の建設したり、と、当時の障害者福祉の道を開いていったかたです。

 

その「糸賀一雄財団」が、年に一回、障害ゆえの生きづらさを抱える人たちへの先進的な取り組みを行っている個人や団体に「糸賀一雄記念賞」を授与しています。
今年度、ゆめ風基金がその賞に選ばれました。

ありがとうございます!

と、選んでくださった財団のかたに、また、ゆめ風を支援してくださったすべてのかたに、そして一緒に活動してきてくれたかたに、と大きな声で伝えたいです。

改めて、23年の活動を支えてくださった呼びかけ人、賛助会員のみなさまに拍手を!

11月1日に授賞式があります。
私と福本で頂いてきます!

その模様はまた後日!

 

(ナガサキ)

「むくのき学園」、出前授業に行ってきました!

今日、10月24日、ご近所の小中一貫校「むくのき学園」5年生に、私・ナガサキと福本二人がお邪魔しての出前授業、やらせてもらいました!

毎年、5年生に「障害って?UD(ユニバーサルデザイン)って?」など、自分たちの体験を交えて話す45分間。

無垢な魂との真剣勝負です。

私は、障害者が日々の生活でよく言う、「すみません、ありがとう」をなぜ言うのかを考えてもらいます。

福本さんは、著書「千夏ちゃんが行く!」からの抜粋を生徒さんに呼んでもらって、おりおりの思いや行動をひもといてもらいます。

子どもさんたちは、いろんな感想を持ってくれ、「おお~そう来るか!」とか、お腹を抱えて笑ったり、考えさせられたり・・・。

特にここ数年では一番元気かも?というクラス。

なかなかにエキサイトしてきました!

次回は11月10日に「小学生版HUG(避難所運営ゲーム)」を行います。

今から楽しみ~!

 

 

(な)

「障害者と家族~みんなが笑顔になるために」

ゆめ風基金もお世話になっている「木口福祉財団」が設立20周年を迎えるそうです!
そこで20周年記念の「感謝の集い」を下記のとおり開くとのお知らせを頂きました!

多くのかたに知ってほしいので、ブログでお知らせです。
ゆめ風代表理事のまきさんも参加します!
いろんな話が聞けそうでわくわくします。

日時:2018年9月29日 (土)13時~15時30分

会場:芦屋市立精道小学校体育館
(〒659-0064 兵庫県芦屋市精道町8-25 阪神電鉄芦屋駅から徒歩2分)
*駐車場ありませんので、公共交通機関をご利用ください。

第一部は講演会、2部はパネルディスカッションです。
申し込みが必要なので、下記のフォームに必要事項をご記入の上、木口福祉財団にFAXでお送りください。

*当日の混雑を避けるため。事前のお申込みをおオススメします!

障害があるかた、ないかた、ご家族に障害者がいる普段聞けないホンネを知って頂いて、
もっと誰もが住みやすい街になっていけばいいなあと心から思います。

ご来場、お待ちしています~!

 

嬉しいお客様!

 

最近のゆめ風事務所はお客様がたくさん!

風船バレー「ぐるりずむ」の活動仲間と募金を集めてくださった行岡(ゆきおか)さん(真ん中)と今井さん(左)です!

 

 

 

 

 

 

 

 

更に、鈴木敬治さんと仲間たち!+(プラス)ゆめ風福本さん!

相次ぐ災害は、他人事ではなく、まるで自分たちがそこにいるかのように共感してしまう。
障害がある仲間はきっと不便を強いられているだろう、下手をすれば命を落としかねない、そんな人たちに大阪人の思いよ届け!
一人じゃないよ、の気持ちも添えて・・・

 

(な)

カンパを届けてくださいました!

9月14日、大阪府堺市の南部交流センターの皆さんが募金を持って来てくださいました!

小雨降る中。
次々と起きる災害に、何かできないかとのことで、カンパを、そして、大阪北部地震や台風21号を受け、防災・減災講演会の相談に来られたのです!

「停電でオートロックが開かず、閉じ込められた」とか経験したからこそわかる、いろいろな不具合。それをどう解決していけるのか、一緒に考える時間が持てそうです。

 

(な)

近畿ろうきんさんが事務所に!

先ほど、近畿労働金庫さんが事務所に来られました。

東日本大震災以降、毎年一回、「サポートV」という復興定期預金の寄付金を持ってきてくださいます。右:近畿労働金庫 地域共生推進室の平尾さん、受け取りは八幡事務局長。

近畿ろうきんさんの東日本大震災復興支援の取り組みについて http://www.rokin.or.jp/other/great_east_japan_earthquake/hukkou_shien/

以前に牧口代表が機関誌「ゆめごよみ」に書いていましたが、
現代の「七不思議」がろうきんさんの取り組みだと感じます。
真摯に社会貢献を考え続け行動するその姿勢は、学ぶことが多いです。

2012年6月から7年間、毎年お寄せくださった寄付総額は、累計で6635万円となりました。
去年まで、延べ15ヶ所の作業所やグループホーム建設などの支援をし、障害者の働く場・生きる場の再建に使わせてもらいました。
希望の一歩を踏み出せた当事者、関係者の方は本当に多いと実感しています。

この荒んだ時代に、信念を持って行動してくださる近畿ろうきんさんに感謝しつつ、
私たちゆめ風基金もまた「活きたお金」の使い道を、今まで以上に模索していきます。

 

(な)

 

9月8日、難波高島屋前の街頭募金活動終わりました!

画像

西日本豪雨水害、台風21号、そしてすぐに北海道での地震。
立て続けに起こる災害に、仲間の障害者はどうしているんだろう、いてもたってもいられないという気持ちを、募金への呼びかけに変えてきました。

今回は、いつものメンバーに加え、岸和田から「自立生活センターいこらー」の皆さんも駆け付けてくれました!!

 

地下鉄から地上にあがり、大きな通りの交差点に来た時・・・

 

台風の影響でしょうか・・・住人のかたが無事であることを切に祈ります。

 

 

 

参加者  25人

募金総額  31,380円

 

お預かりしたお金は被災障害者へお届けします。

 

次回は12月の第二土曜日・8日です。

今から予定を入れておいてくださいね!
一緒に大声出しましょう!

 

(な)