ゆめ風基金代表理事交代のご挨拶

2022年4月吉日

ゆめ風基金・呼びかけ人のみなさまをはじめ、特別な想いで静かに、そして強烈に…私どもの活動を支えてくださっているみなさまへ
前代表理事  牧口 一二

3月20日の第21回総会後の理事会で私、牧口一二は代表理事を辞し、理事として残ることになりました。いままでのご温情に感謝しつつ、謹んでご報告いたします。80才を迎えた頃から早く辞さねばと思っていましたが、想像すらできなかったコロナ禍に戸惑わされ、交替期が遅くなってしまいました。そんな折り、皮肉にもコロナ騒動からウェブ会議が始まり、慣れてくるにつれ地域差の感覚がどんどん縮まり、役割分担の選択肢も広がったように感じます。つまり事務局が大阪にあっても遠くから代表を選べるようになりました。

そのような時の流れも幸いしてか、岐阜から新幹線に乗って理事を8年間も続けている戸田二郎さんに代表理事を託すことが決定。彼は71才、一度に若返りは叶いませんでしたが私よりも10余年若く、私と似て松葉づえで少年期を過ごし、いまは車いすで暮らしている人。なにとぞ今後ともお導きいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

ゆめ風基金代表理事就任のご挨拶                                       新代表理事 戸田 二郎

この度代表理事に選任されました戸田二郎です。

27年前の阪神淡路大震災の時、岐阜から救援物資を運びました。その後大震災を契機に設立された「ゆめ風基金」にネット岐阜として参加させていただき、多くの人たちとつながり、8年前からは理事を務めさせていただいています。
第21回総会で牧口一二が代表理事退任を表明され、私に次の代表理事をとの声をいただきました。正直非常に迷いました。27年間代表理事を務めた牧口の偉大なと言ってよい活躍を間近に見てきた一人として、私にこの重責が務まるのかと。
災害は後を絶ちません。阪神淡路大震災以降も、新潟県中越大震災、東日本大震災、熊本震災、その他豪雨等の水害も多数発生し、ゆめ風基金の役割は大きくなっていると思います。
呼びかけ人の皆様、ネット会員の皆様、理事の皆様の力をお借りして、微力ではありますが務めさせていただきますので、牧口一二同様よろしくお願い申し上げます。

グループホーム再編反対 2つの集会

障大連の古田さんからメールをもらいました。転載します。

 

ここから~

大阪市内の分譲マンションに長く暮らしてこられたグループホームが、「マンションから出ていかなければならない」と、1/20に大阪地裁でどんでもない判決が下され、この間弁護団と次の裁判(控訴審)に向けて準備を進めてきたところです。

以下、大阪高裁での控訴審の日程が決まってきましたので、お伝えさせていただきます。

(なお、控訴審は30名程度の傍聴が可能で、その後の報告集会はズーム参加も可能となりましたので、正式なチラシ等でのご案内は来週に送らせて頂きます)。

◆グループホーム追い出し裁判 控訴審と報告集会の予定

・日程:5月11日(水)

・大阪高裁での控訴審   午後2:00~    (現地参加30人まで)

・弁護士会館での報告集会 午後2:30~3:30(現地参加30人+ズーム参加可能)

 

また、厚労省によるグループホーム再編案が出され、障害者が安心して暮らせる場「グループホーム」が、今、危機にさらされています。
一つは「グループホーム再編反対 4.28集会(大阪市)」、
そしてもう一つは「グループホームの再編に反対する院内集会5.18(衆議院第2議員会館)」です。

グループホームってどんなもの?という基礎から当事者の思いまでしっかり聞いて当事者の声をしっかりと届けませんか?

オンラインでの参加もOKです。
お気軽にご参加ください!

 

GH再編反対集会チラシ

 

ウクライナへの緊急支援について

ゆめ風基金は今日、第21回の定時総会を開きました。
その中で「ウクライナ情勢が気になる。何かできないか」との声がいくつか出ました。
私たちとも日頃から連携してくださっていて、信頼できる団体だと私は思う、
「難民を助ける会(AAR)」https://aarjapan.gr.jp/
をご紹介したいと思います。
すでにウクライナへの支援を始めているようです。
何かしたいけどどうしたらいいの?と思っているかたに一つの情報として届きますように…

(な)

 

 

 

 

3月16日の福島・宮城での地震について

3月16日の地震で亡くなられたかたに心から哀悼の意を表します。
また負傷されたみなさまにはお見舞い申し上げ、1日も早いご回復をお祈りしています。

ゆめ風基金では被災地のかたがたと連絡を取ったり、JIL(全国自立生活センター協議会)やJDS(日本ダウン症協会)さんにも連絡し、情報を収集しています。
今のところ、1件だけ作業所さんの情報を頂いています。

ゆめ風ネットや過去の支援先にもメールや電話で無事を確認したりしています。

3.11を思い出したかたも多いようですし、余震の恐怖とも共存せねばならない、
そのご心痛はいかばかりかとお察しいたします。
まだまだ余震があるかもしれませんし、現地のかたはどうかご無事で過ごせるよう備えをなさってくださいね。

私も今一度、備えをしっかりしようと思います。

(な)

ゆめ風基金のYouTubeチャンネルはこちらです!

案外知られていないのですが…
ゆめ風基金もYouTubeチャンネルを持っています!
過去の総会やイベントなどの動画が

ゆめ風チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC2r9RFBD8kJ9PX3VZ8kBuYA

 

こちらで見られます。
チャンネル登録人数も少ないし、まだまだこれからですが、ご登録くだされば
事務局一同喜びます。
よろしくお願いいたします。

 

(な)

近畿ろうきん「サポートV」の取組み報告会視聴URL&期限について

近畿ろうきんさんのfacebookから引用させていただきました。
ここから~
東日本大震災から11年 「サポートV」取組み報告
東日本大震災から11年が経過しました。
🍀当金庫では、発災当時、支援の手が届きにくい方への長期的な支援が必要だと考え、震災遺児支援を行う「あしなが育英会」と、被災障がい者を支援する「ゆめ風基金」に対し、10年間の寄付を行う、東日本大震災復興支援定期「サポートV」の取組みを行ないました。
🤝会員組合を中心に約161億円もの預金を結集いただき、10年間で総額1億5580万円の寄付金をお届けしました。
👩‍🏫昨年10月には10年間の支援の意義とこれからの東北・災害支援を考える「サポートV」報告会をオンラインで開催しました。
👩‍💼報告会では、あしなが育英会や東北の支援先団体の皆さんから10年間の復興の営みと寄付金の活用についてご報告いただきました。
💻報告会は、2022年9月30日まで以下の視聴URL(YouTube)で視聴できます。(視聴期間を延長しました)ぜひご視聴ください。
👉「サポートV報告会」視聴URL(YouTube)
 ※共催団体の「認定NPO法人ゆめ風基金」YouTubeチャネルでの視聴となります。
😀東日本大震災の発災当時から10年間に渡り「サポートV」のご預金を通して、ご支援いただいた皆さまにあらためてお礼を申し上げます。
👉東日本大震災復興支援定期 サポートV(東日本大震災 復興支援の取組み)
👉一般財団法人 あしなが育英会
👉認定NPO法人 ゆめ風基金
ご視聴よろしくお願いします!
(な)

3.11

ロシアがウクライナに軍事侵攻したという衝撃的なニュースが世界を駆け巡った2月末。
それから2週間後の今日、「3.11」。
11年前のあの大震災も世界中に映像が映し出されました。

今も復興したといえない地域が沢山ある中で、
失った家族、恋人、友人、知人、たくさんのひとたちの思いがある中で、
私たちはいったいなにができるのだろう。

そう思い続けることこそが大事だと、ゆめ風基金で知りました。
災害は怖い。電動車いすで、あの日あの時あそこにいたら、私はこの文章など書けなかったかもしれない。
でも生きている。
生きているなら、この災害を忘れず、いろんなひとに「今」の被災地を伝えることや「減災」としてできることを伝えていく。
それがゆめ風の役割なのだと思います。

被災地に寄り添いながら、一緒に、一歩、一歩。
よろしければみなさまもぜひできることからやりましょ!

(長崎)

 

2つの緊急声明にご賛同ください(①国は最高裁上告を止めて!②ウクライナ侵攻に抗議!)

いつもゆめ風基金を応援してくださっている皆様へ

ゆめ風基金に以下の声明文が寄せられ取り急ぎの賛同が求められています。

賛同する方を募っていますのでよろしくお願いします。

①おおさか旧優生保護法を問うネットワークから「国は、最高裁への上告をやめて!」への賛同お願い

②社会福祉法人大阪ボランティア協会 から、「ロシア軍によるウクライナ侵攻に強く抗議します」への賛同お願い

—————————————-

①おおさか旧優生保護法を問うネットワークから

支援者のみなさまへ
いつもあたたかいご支援、ご協力をありがとうございます。
おおさか旧優生保護法を問うネットワークの事務局です。
このたびの勝訴に、全国の多くの方々からよろこびの声を寄せていただいてお ります。こころより感謝申し上げます。
私たちも、みなさまとともに、このよろこびにおおいに湧き立っております。
ただ、いまここで、新たな取り組みも必要となってきています。みなさまにもぜひお力添えいただきたく、重複は承知ではございますが、改めて投稿させていただきました。

大阪の私たちも、全国弁護団や支援団体の方々とともに総出で「国は、最高裁への上告をやめて!」と声をあげています。
被害者に寄り添った、この全国初の高裁判決を、このまま確定させ、さらにすべての被害者の方々が救われていかなくては、と思うのです。
上告期限は3月8日。あと10日ほどしかありません。
みなさまの3分ほどのお時間を、いまここでいただけませんか?
国への私たちの思い「上告をしないで!」を伝える運動にお力をお貸しいただきたいのです。

みなさまのお気持ちと、少しのお時間が、確実に社会を変えるものと思っております。
ひとりでもできる、お忙しい方でもできる、
そういったスタイルの5つのカンタンメニューをご用意いたしました!
気軽に感じられるもの、馴染みのあるもの。ひとつでも、ふたつでも、本当にありがたいご支援となります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
3分でできる「大阪高裁判決・上告しないで!」運動!!!!

1.ツイッターでつぶやく
みなさまのツイッターアカウントに、下記のハッシュタグを貼って、ツイートしよう!
文案は、メール末尾に!コピペ大歓迎!
#優生保護法大阪高裁判決に上告しないでください
#国は旧優生保護法の責任をとれ

2.オンライン署名で、全国の声をひとつに
署名は簡単! ぜひお仲間にもシェアを!
https://chng.it/8VDtxqBWCx

3.ご意見フォームで大臣に伝える
文案は、メール末尾に!コピペ大歓迎!
★厚生労働省
ご意見フォーム
https://www.mhlw.go.jp/form/pub/mhlw01/getmail
★法務省
ご意見フォーム
https://www.moj.go.jp/mojmail/kouhouinput.php
★内閣総理大臣
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

4.ファックスを書いて大臣に伝える
★内閣総理大臣 岸田文雄様(FAX:03-3592-0179)
★厚生労働大臣 後藤茂之様(FAX:03-3595-2680)
★法務大臣   古川禎久様(FAX:03-3592-7393)
ファックスのフォーマットをPDFとワードファイルで添付しています。
ぜひ、ご活用を!

5.このメールをみなさまのメーリングリストに転送!お好きなSNSで拡散!
★「上告しないで!」文案・いろいろコーナー★
文章書くのがちょっと…という方、時間がない方にピッタリ!
自分アレンジも大歓迎!

ツイッターやご意見フォームに、どれでも貼り付けてご利用ください。
●半世紀にわたって苦しみを抱える原告にきちんと寄り添った、全国で初めての優生裁判の高裁判決(大阪)。これこそ司法の良心だ!国は、絶対に上告しないでください。
●大阪の高裁判決は、旧優生保護法下の強制不妊手術をひどい人権侵害だと認め、原判決を取り消しました。国もこの判決を重く受けとめ、誠実に謝罪をし、上告は決してしないでください。
●大臣も、もし知らない間に子どもをもつ可能性を奪われたら、と自分ごととして考えてみてください。強制不妊手術は、国際的にも拷問だと考えられている重大な人権侵害です。優生裁判・大阪高裁判決に上告はしないでください。
●これまで優生裁判を支援していて、「人生被害」という言葉を知りました。決して取り戻すことができない人生への被害を、旧優生保護法は残酷にも作り出してきたのです。大阪高裁判決に、決して国は上告してはならないと思います。
●先進国であるはずの日本で、1996年まで障害者差別が歴然と織り込まれていた旧優生保護法。どれだけの人間に残酷なことをしてきたか。大阪高裁の判決を誠実に受けとめて、旧法下の強制不妊手術被害者に謝罪と補償をしてください。上告は、決してすべきではありません。
3分でできる「大阪高裁判決・上告しないで!」運動!!!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みなさまの「大阪高裁判決・上告しないで!」アクションを、心よりお待ちしております。
おおさか旧優生保護法を問うネットワーク
osaka.tounet@gmail.com

————————————————————

②大阪ボランティア協会から
このたびのロシア軍によるウクライナ侵攻に強く抗議するため、2/26付で大阪ボランティア協会は
【緊急声明「ロシア軍によるウクライナ侵攻に強く抗議します」】を発表しました。
https://www.osakavol.org/10/urgent_statement2202.html

あわせて、この緊急声明に対する賛同表明フォームを用意しました。
https://forms.gle/2Rg3fA24zT9BHQgu6
賛同される方は、賛同コメントや意見表明にご参加ください。
賛同表明いただいた方の組織名やお名前、コメントについては、
当協会のウェブサイトやfacebookページなどでご紹介させていただきます。
ぜひコメントやご自身のメッセージをご記入ください。

また、当協会が市民活動支援団体であることから、本日(2/27)付で、
【支援のお願い「ロシア軍によるウクライナ侵攻で被害を受けている方に寄り添うみなさまへ」】をまとめました。
https://www.osakavol.org/10/ukraine_support.html
市民ひとりひとりのアクションの参考にご活用ください。

公式Facebookにも【緊急声明と賛同者募集】について投稿しています。
https://www.facebook.com/osakavol/posts/4887129268036219
Facebookユーザーの方は、
投稿への「いいね!」「シェア」「コメントの書き込み」などをしていただくと、
Facebookユーザーの目にとまりやすくなりますので、ぜひご協力をお願いします。

以上、「何か自分にできることはないだろうか」と感じている人へ、
ひとりでも多く、ヒントとなる情報が届きますよう、
みなさまのおつながりで情報を拡散していただけるとうれしいです。
どうぞご一緒にお願いいたします。

以下、緊急声明全文
——-
【緊急声明「ロシア軍によるウクライナ侵攻に強く抗議します」】
大阪ボランティア協会は、このたびのロシア軍によるウクライナ侵攻に強く抗議し、ロシア軍の即時撤退と対話による問題解決を求めます。
「福祉」の反対語は「戦争」とも言うことができ、武力による支配を企てる目的での暴力的な殺戮と破壊は、最悪の人権侵害です。世界中で分断と抑圧、暴力の脅威が広がっている現在、被害者は遠い国の見知らぬ人々ではなく、私たち自身だと考えます。人々の困窮と孤立を深刻化させ、憎悪、報復の連鎖を生み、民主主義を圧殺するロシア政府の行為に、私たちは断固反対します。
世界で、そしてロシア国内でも、多くの市民がロシア政府によるウクライナ侵攻に抗議するとともに、ウクライナから周辺国に避難する人々の保護活動なども始まっています。
大阪ボランティア協会は、ウクライナ侵攻抗議の緊急声明を発するとともに、市民活動支援団体として、こうした市民による反戦運動と避難民保護などの拡大に努力し、こうした取り組みに加わろうという人々の参加の支援に取り組む決意を表明します。
2022年2月26日
社会福祉法人大阪ボランティア協会
———————————-

以上

厚生労働省の「福祉事業所における業務継続計画(BCP)策定」解説動画ができました!

標記の件についてお知らせします。

ゆめ風基金とも関わりがある事業所では、コロナにかかった人がいて対応に追われているところがあります。
さて、厚生労働省では福祉事業所における業務継続計画(BCP)策定を昨年2021年に義務付けしました。
3年間の猶予期間があるので2024年までには策定しないといけない、ということになります。
厚生労働省では義務付けに伴って、研修動画やひな型をホームページに掲載していますが、このひな型の書き方がわからないという声も聴きます。
昨年、大阪の茨木市でこの「厚生労働省のひな型の書き方を解説してほしい」という依頼が来て講演を行いました。
結構好評だったので、皆さんにも広めていきたいと、このたび解説動画を作成しました。
興味のある方はご覧ください。
ゆめ風基金ホームページの障害者防災をクリックしていただけたら、動画の掲載ページが載っています。

https://yumekazek.com/bousai/

ゆめ風基金 八幡