西日本豪雨 被災障害者支援の状況 第4報

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)から1ヶ月以上が経過しました。

西日本を中心に、河川の氾濫や洪水、土砂災害などの大きな被害が発生しています。2018年7月31日8時45分現在の消防庁による被害状況は次のようになっています。

「亡くなった方220人、行方不明の方10人、怪我をした方402人。住宅全壊 5236戸、半壊5790戸、一部損壊3024戸、床上浸水13259戸、床下浸水20942戸」。

また毎日新聞によると8月3日日現在で、11府県約2万3000人への避難指示が続き、約3600人が避難所に身を寄せています(毎日新聞、2018・8・6)。

まだまだ手つかずの被災地も多く、住民たちの窮状は、はかりしれません。
その中で、障害者拠点も多く被災しています。
ゆめ風基金は、直後からゆめ風ネットワークと連絡をとり、ネット愛媛、ネット広島、ネット尾道がすばやく調査に動き、ゆめ風事務局、障害者救援本部大阪、移動送迎ネットワークのメンバーが被災地に赴き、障害者の被災状況の把握につとめています。

昨日、広島の坂町の被災障害者を訪問したネット広島の障害者団体「てごーす」松尾さんによると、砂防ダムが破壊したため、土砂が下流にまで流れ、川床にたまっている為、降雨があればあふれ出ている状態だそうです。今後、大雨が降ると、建物への浸水が憂慮されます。早急な対応が必要ですが、追いつかない状態とのこと。また、山手では、直径3メートルほどの巨石が流れてきており、危険な状態だということです。個人や、自治体ではどうにもならないレベルの状況なので、一刻も早い国の対応が求められます。

8月8日現在、支援が必要と思われる被災拠点は次のとおりです。ゆめ風基金としては早急に支援を実施します。

愛媛県
大洲市

○共同連愛媛南余支部 ヘルパー事業所75センチ浸水 車両備品など被害額102万円、自立生活体験室3メートル浸水 被害額97万円

○地域活動支援センター 1階部分浸水、備品全滅

○放課後デイ事業所 1階天井まで浸水、備品全滅、車両5台水没

西予市

○野村福祉園レインボーアグリ事業所 2ヶ所建物浸水、備品被害→パソコンなどお届けしました。

西宇和島市

○障害者作業所 送迎車水没

岡山県
倉敷市 真備町 

○障害者B型事業所  2階までの浸水被害、備品全滅

○障害者地域活動支援センター 1メートル浸水 備品全滅

○障害者生活介護事業所 2メートル浸水 備品全滅

○障害者作業所 3.5メートル浸水 作業機械故障

広島県
福山市

○障害者事業所 ビニールハウス浸水 作業機械必要

広島市安佐北区

○障害者事業所  土砂流入で移転希望

長崎県
松浦市 

○障害者作業所 ビニールハウス倒壊

☆このたび、豪雨被害で被災した障害者世帯に5万円のお見舞金の支給を発表しました。障害者団体、福祉事業所、社会福祉協議会などを通じて申請していただくものです。
現在、愛媛、岡山、広島県の被災障害者から56件の申請があります。多数の支援金が必要とされています。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。

【西日本豪雨災害救援金のご送金はこちらにお願いします】
・郵便振替口座 00980-7-40043 ゆめ風基金
(備考欄に「ごうう」とお書きください)

・他の金融機関からお振込みをされる場合の口座は
ゆうちょ銀行 店番099 当座0040043 ユメ カゼ キキン
(他行からお振り込みされる場合は、お手数ですが振込日、金額、お名前、ご住所、電話番号をゆめ風基金までお知らせください。1月末に税制控除に必要な領収書をお送りします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です