振込用紙のコメントご紹介

朝夕吹く風がここちよく感じられますが、まだお昼の太陽は元気です。
夏の疲れ、出てませんか?
事務局は、20年コンサートが終わり、ほっとする間もなく、
それぞれの業務に追われています
みなさんのご支援におこたえし続けます。
◆みんながお互いに助け合って強く生きていきたいと思います。(大阪府高槻市)
◆次々起きる災害に、この基金が必要ですね、(大阪市東淀川区)
◆あちこちで地震や噴火が起きています。これ以上ひどいことがないようにと願うばかりです。(滋賀県甲賀郡)
◆たまにですが、応援しています。(熊本市)
◆近頃、災害が多いですが、皆様、長い活動を元気で頑張ってください。(広島県安芸郡)
◆災害は止むことはありません。が、被害がへることを祈ります。(三重県四日市市)
◆困難な立場に立たされた方々に、ずっと心を寄せたいと思いつつ。毎日の暮らしの中で忘れてしまっている時間があります。(神奈川県藤沢市)
◆実母が去年亡くなりました。母の故郷(福島)に思いを込め、わずかな金額ですが、寄付させていただきます。(埼玉県越谷市)
◆大切な情報がぎっしり詰まったお便り、ありがとうございます。日本はこれからどうなるのでしょうか?心配がつのります。(東京都荒川区)
◆第七回ドルフィーチャリティーライブ~福島支援への基金に(神奈川県横浜市)
◆災害・事故・事件で落ち着かぬ昨今、貴会の一言は、頼もしく安心いたします。(滋賀県甲賀郡)
◆国は来年で集中復興期間を終えるつもりですって?いままで集中復興してきたようには思えませんが。(兵庫県加古川市)
◆いつもとても内容のある新聞の送付をありがとうございます。(和歌山市)
◆いつも誠実な活動・報告・頭がさがります。戦争する国にならないよう、国民一人ひとりがしっかりしなければ。弱い立場の人が生きにくい社会は、だれにとっても生きづらい社会です。(大阪市淀川区)
◆おばさんになって若い時より幸せです。年をとると、生きていることのうれしさや楽しさやありがたさを知りました。(東京都江戸川区)
◆必要なところに適切に敏速に。そうした活動を20年、つづけてくださったことに感謝です、(大阪市平野区)
◆東日本大震災で被害を受けた地域生活者・ハンセン病回復者等、多くの人々に。(神奈川県相模原市)
◆お便り70号でゆめ風の成り立ちをうれしく拝見しました。(神奈川県秦野市)
◆応援しています。ぼちぼち前進してくださいね。(奈良県橿原市)
◆まだ暑い日が続きますが、みなさんお身体に気をつけて。(愛知県岡崎市)
◆20年来のリンパ浮腫で歩くのが大変です。これからも、寄付金が送れるように頑張ります。(群馬県前橋市)
◆猛暑お見舞い申し上げます。「ゆめ風」の活動が末永く続きますように。仙台七夕に願いを込めて。(宮城県仙台市)
◆お盆には命のつながりを感じます。平和な世界へとつなげていけたらいいですね。核も戦争もいらない。思いあえる社会こそ必要なのですね。(大阪市平野区)
◆残暑お見舞い申し上げます。暑さに負けず、一緒に頑張りましょう。(大阪府大東市)
◆大阪中央公会堂のコンサート感動しました。(兵庫県川西市)
◆8・16イベントとても良かったです。(大阪市此花区)
◆インターネット・新聞・テレビ。選ぶ情報で見える世界が違う。上手に活用しなければなりません。(滋賀県甲賀郡)
◆先日の中央公会堂の集いは、とても楽しかったです。坂田さんと林さんからは勇気をいただき、小室さん親子の歌声に癒されて帰りました、ありがとうございました。(大阪市東淀川区)
◆不正が多い世の中、今まで信じてこなかった私。ここなら信じられると感じました。(大阪府高槻市
◆今年も暑い夏でした。まだ油断できません。お身体大切に。(さいたま市)
◆8月16日大阪に行きたかったのですが・・・。次回の東京のイベントにいきます。よろしくお願いします。(神奈川県横浜市)
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
信じてくれる人がいるから、がんばれます。
ありがとうございます。
(福本千夏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です