「西日本豪雨災害お見舞い金」 お礼状頂きました! その1

2018年6月末に西日本を襲った豪雨災害で被災された、障害者世帯のかたがたに、5万円のお見舞い金をお送りしました。
合計、714世帯となりました。

受け取ったかたからお礼状が続々と届いています。
遅くなりましたが、ご紹介します。
この謝意のこもったお手紙は、日ごろからゆめ風をご支援くださる皆様のものです。
(団体名や個人名は伏せさせて頂きます)

●広島から

謹啓 平成30年7月の西日本豪雨災害に際しましては、ご厚情あふれるお見舞いのお言葉をいただいたばかりかお見舞金までも頂戴しましたこと、誠にありがたく心よりお礼申し上げます。

報道等でご承知のとおり、今回の西日本豪雨は当地において甚大な被害をもたらしました。幸いにも本会の会員は皆無事でしたが、JRの不通、道路の寸断で物流が止まったり、河川が氾濫したり、家屋に大きな被害を受けたり、生活が一変してしまいました。被災された障害児者とその家族の不安と課題を改めて考えさせられました。

穏やかな海に浮かぶ島々、風光明媚な瀬戸内はもうあの夏の景色ではありません。まだまだ崖崩れの跡は痛々しいです。
被災された方の不安を少しでも解消できるよう、より細かな復旧、復興政策が必要に思います。

今回の災害において、皆様から頂戴しました心温まるお見舞い、ご支援を糧に、会員の心身面のケアにも充分配慮しながら役職員一同邁進したいと思っております。

ご報告かたがた、義援金のお礼を申し上げます。

 

この度は素早い対応で、当利用者にご支援いただき、ありがとうございました。

この地域全体がまだ復興途中であり、二名の利用者のご自宅も再建できずにおります。私も被害にあい、なかなか事務処理がおっつかない状態で、申請に対しスムースな連絡が取れません事をお詫び申し上げます。

みなさんには支援していただいた今回のことを忘れず、いつかは支援できる立場に立てるようにと、お話させていただきました。またご連絡させて頂くことになるとは思いますが、よろしくお願い致します。

 

●この度は災害にあい、多大な被害を受けました。貧しい中、基金の5万円は、自分にとっては大金です。無償で寄金してくれるのは、生活にとってもありがたい事です。色々と生活費がかさむ中、ぜい沢な生活がわずかでも遅れるとゆう、ゆめの風が心に吹きました。この5万円は、飲み、食い、煙草などで、大事に使わせてもらうつもりです。自分らしい生活を送る上で貴重な基金でした。障害者上、職を持たず、収入がない、全くないのも、大きく影響していると思います。欲を言えば、災害にあわなければと思いますが、天災はコントロールできません。仕方ないと、あきらめていた所でした。時給900円としても8時間働いて1週間必要とする金額ですから、助かりました。(原文のママ)

 

七月の豪雨災害で自宅に土砂が流れ込み、自動車も埋ってしまい廃車となりました。しばらくは途方に暮れ虚しい気持ちになりました。しかし地域のボランティアさんのご協力により土砂の撤去を行って頂き、住める状態になりました。ただ下水道については今もまだ復旧していません。

そんな中、通所しているデイケアの室長さんが「ゆめ風基金」さんの説明や申請をして下さりとても助かりました。精神的に救われた思いです。本当に有難うございました。

 

2に続きます

振込用紙のコメント紹介

大阪でも今朝 白いものが舞いました。⒉月はⅠ年でⅠ番寒さが厳しいです。

でも、みなさまのあたたかいお気持ちに支えられて、

事務局は頑張らせていただいております。 ご紹介します。

◆どうぞ心ない言葉にとらわれることなく前進してください。信頼してます(世田谷区)

◆西日本豪雨災害被災地・被災者支援によろしく(高槻市)

◆東北の震災にあわれた方のために(さいたま市)

◆年々カレンダーを買っていただける方が少なくなったので、寄付金で活動を支援したく思います(神戸市)

◆今年もあと一カ月。無事新年が迎えられますように(甲賀郡)

◆主人も施設で6年目を迎え頑張っています。いつも、ゆめ風だよりを読んで温かい気持ちにさせてもらっています(海部郡)

◆回れ風車・止まることなく回り続けて風吹かそう(日野市)

◆何もできませんが、気持ちだけの寄付です(文京区)

◆皆さまどうかお元気でご活躍くださいませ(多摩市)

◆北海道地震、大変でしたね。元気を出してください。応援しています(燕市)

◆弱い立場にある人にしわ寄せ迫る厳しい時代。少しでも明るい気持ちで新年を迎えられますように(甲賀郡)

◆北町作業所・アンジェリカ北町保育園で行ったお祭りの売上金からです(練馬区)

◆今年も残り少なくなりました。どうぞ皆様元気で新しい年をお迎えくださいませ(三鷹市)

◆理不尽なことがまかり通る世の中ですが、人を思いやる精神は忘れたくないです。これからも活動頑張ってください(北木市)

◆年金生活の後期高齢です。きもちを届けます(松戸市)

◆とにかく前を向いていこうと思います(大田区)

◆少しでも困っている人のお役に立てればと願っています(新宿区)

◆ハートフルそうじゃに参加しました(総社市)

◆基金することが私の生きる力になっています’(江東区)

◆今年我が家でもいろいろありましたが、生かされて早年末です。感謝’|練馬区()

◆災害の多い年でした。被災された方にお役にたてばと思いま(多摩区)

◆寒さはこれからです・お身体大切にお過ごしください(名古屋市)

◆今年一年の無事を感謝して基金させていただきます(相楽郡)

◆各地での災害時に役立っているのがうれしいです(世田谷区)

◆ゆめ風だよりをありがとうございます。ずっとつながっていきます(さいたま市)

◆「こころ」の報告に涙が出ました。すばらしい()横浜市)

◆ゆめ風き本当に信頼できる法人のひとつです(相模原市)

◆今回のたよりで真備町のようすが詳しくわかりました(向日市)

◆平成が終わろうとしています。安心して平穏に暮らせることの大切さを痛感します(淀川区)

◆ゆめ風だよりをありがとう。自然災害がたくさんでもう嫌だと思いますが、前向きに過ごすしかありません(足立区)

◆今年は特に大災害が多発。本当にご苦労様でした(東越谷市)

◆皆が「勝ち組・強者」と思っている今の日本で、この団体の本当の強さをいつも感じています(新宿区)

◆微力ながら応援させていただきます(箕面市)

◆85号表紙の写真に胸つかれました(所沢市)

◆今年は大変な年でした。お役にたてていただければ幸いです(高石市)

◆永さんの呼びかけに「一億円かあ」と気が遠くなった当初。ここまで続いて感無量。でも、オリンピック、万博、誰かの巨額報酬…なんだかなー。(阿倍野区)

◆互いに関わり合うことがすべての前提ですね(杉並区)

◆ちゃんとお正月を迎えられたらいいのですが(西東京市)

◆自然災害・人災に負けず、力を合わせて頑張ってください(舞鶴市)

◆被災支援はここでさせていただきます(昭島市)

中学生プロジェクト 豊川中学

1/15 1/18 豊川中学校で行われた

中学生と障害者が避難訓練をする「中学生プロジェクト」に参加致しました。

事前学習では応援センターの方は、こんなことを話されました。

「今日は当日に生徒さんが障害をもつ人にどんなことを聞いたらいいのか、を話します。まず、車いすの扱い方を聞いてください。

言語障害を持っている方には、わかるまで何度も聞いてください。わかったふりはしないでください。命にかかわります。

車いすで階段を降りる時には、掛け声をかけること。車いすは背を向けてください」

「障害をもっていると嫌なこともたくさんあります。なるべく切り替えて、前向きに生活していますが。楽しいことも、されたらイオなこともみんなとおなじです。ただ私たちはサポートが必要です。当日はよろしくお願いします」

てとてとハウス(盲ろう友の会)のかたは

「一つ一つの動きのはじめと合図をください。合図は太ももをたたく。背中をとんとんするなど考えてください・若いかたは早口な方が多い。大きな声でゆっくりと口が見えるように話してください」と話されました。

私は当日、生徒さんの名前を一度に覚えられないので、瞬時ににっくねーむをつけて呼ばせてもらう。避難訓練時に気をつけてほしいこと。避難経路を確認する。それを受けて、階段の幅や一つ一つ段差が均一になっているか踊り場で他の人と一緒になっても大丈夫か?などそれぞれ具体的に考えてくれ、

障害者をサポートしながら教室から体育館までの避難訓練を無事終えました。

はじめての経験に真剣な表情、一年生とは思えない自主性ある姿にたのもしさを感じました。

生徒さん、それを見守る先生方ほんとうにりがとうございました。

今回、私(福本)は、てとてとハウス(盲ろう友の会)の方と控え教室が一緒でした。「以前は前もって何を話すか、密に打ち合わせもしていたの。でも、ここ数年はドキドキしながら本番勝負。だってこの人、ぜんぜん違うことを言い出すことが多くなってきた。そんな時、こちらがパ二くる。かえってうまくいかなくなるから」と通訳の方がおっしゃった。

なにげなく通訳しているみなさんの隠れた思いを知り、通訳者と盲聾者との二人三脚の絆の強さをひしひしと感じました。

みなさま、本当にご苦労様でした。

ゆめ風基金 福本

今年もお世話になりました! &イベントのお知らせ

みなさまへ

今年もあと残りわずかとなりました。
2018年は災害も多く、ゆめ風基金は大忙しでした。

さて、 年内最後のお知らせは、ちょっと気の早いシンポジウムのお知らせです。
もう少し具体的内容が決まればまたお知らせします。

またゆめ風基金の年末業務は12月28日まで。年始は1月7日からとなります)

(転載歓迎)

-シンポジウムのご案内-

「大規模災害をリアルに考える  ~要援護者の視点から~」

2018年は豪雪被害に始まり、島根県西部地震、大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号による災害、北海道胆振東部地震など、数々の災害がありました。
大阪では2つの災害を受けたことで、「遠くの大きな災害よりも、規模は小さくても身近な災害が怖かった。」と感じている人が多く、またこの災害でいくつもの教訓を得られました。

障害当事者団体、個人の備えはもちろんのこと、自治会、社会福祉協議会、行政などとの連携や役割分担に様々な課題が残されたことから、本シンポジウムでは単に課題を列挙するのでなく、具体的にどうすればよいかを深めていきたいと思います。

シンポジストにはすでに先駆的取り組みをしている障害当事者や障害児の親などをお招きし、ご報告とともに、さらにもう一歩先へ進める議論をしたいと思っています。
毎年起こる豪雨災害や、今後起こるであろう南海・東南海巨大地震などに備えて、私たちが何を準備すればよいのかを考えていきたいと思います。

日時:2019年5月26日(日) 午後1時半から4時半
場所:大阪市中央区民センター 大ホール

●課題提起:同志社大学 立木 茂雄さん
●パネルディスカッション
パネラー:自立生活センターあるる 鳥屋 利治さん
自立生活センターいこらー 東谷 太さん
自立生活夢宙センター 内田 瞳さん
防災士(障害児の親) 湯井 恵美子さん
コーディネーター:八幡 隆司(特定非営利活動法人ゆめ風基金 事務局長)
助言者:立木 茂雄さん

参加費:資料代1,000円(資料が必要でなければ介助者は無料)
定員:300名(事前申込み必要)
申込み:ゆめ風基金までメール、FAXまたは郵送にて、名前、住所、メールアドレス、電話番号、障害の有無、介助者の有無、必要な支援があれば、その内容を書いてお申し込みください。
■要約筆記、手話通訳、磁気ループ、点訳資料を準備します。
点字資料については、印刷の都合上、必要な方は事前にお申し出ください。

共催:特定非営利活動法人ゆめ風基金、ももくり送迎基金、BCP研究会
連絡先
特定非営利活動法人ゆめ風基金
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
TEL 06-6324-7702 FAX 06-6321-5662

皆様のお越しをお待ちしています!
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ。

12月8日、街頭募金やりました!

寒風吹きすさぶ師走の8日。
いつもの「なんば高島屋前」での募金活動を行いました。

19人もの皆さんが参加してくれ、急ぎ足で歩いている人に大きな声で呼びかけて、
たくさんのカンパが集まりました。

本当に、困っている障害者に届けたいと思っています。

皆さん、今年もお世話になりました!
どうぞ、良いお年をお迎えください!(ちょっと早いですが)

参加人数     19人
募金総額  25,241円

 

振込用紙のコメント

急に風が冷たくなりました。体調をくずさずに日々をやりくりするのが

精一杯です。みなさまの優しい手や温かい言葉に支えられて、感謝です。

◆一人暮らしの友人が脳出血で居合わせた私が救急車を手配。一命をとりとめて今はリハビリ付ホームで元気にしています。年金から寄付してくれました。みなさん細く永くですね(東京都小金井市)

◆国は本気で防災に取り組んでほしいですね(東京都三鷹市)

◆当方、夫婦で体調をくずし、医者通いしています。献金最期にさせていただきます(神奈川県横浜市)

◆一回ランチに行ったことにして・・・くらいのちょっとずつのお金ですが、いいことがあったときにおすそけします(和歌山県西牟婁郡)

◆ゆめ風基金には年齢制限がないので好きです。なんとか暮らせている限り(埼玉県所沢市)

◆地震・台風・皆様自身も大変でしょうが、頑張ってください(神奈川県横浜市)

◆自然災害が続きますが、必要とされる方にお役立てください(奈良市)

◆応援しています(大阪府箕面市)

◆西日本豪雨災害ではお世話になりました。気持ちほどですがよろしくお願いします(愛媛県伊予市)

◆熊本ガンバレ!北海道ガンバレ!(茨城県日立市)

◆「いきるとはかりをつくりてかえすこと」だと。ゆめ風基金の基本ですね(東京都中野区)

◆心ばかりですが、送金させていただきます。よろしくお願い致します(愛知県愛西市)

◆9/24    キッズ&ユースオータムパーティで基金を募りました。北海道地震で被害にあわれた障害をお持ちの方のためにお使いくださるようお願いします(東京都調布市)

◆今日に感謝してファイト!(秋田市)

◆被災地が増えています。がんばってください(兵庫県尼崎市)

◆気候が不安定です。皆さまどうぞお身体大切に(東京都世田谷市)

◆西日本豪雨被災地の復興のためにお役立てください。我が家の近くにも一級河川が流れており、他人事ではありません(兵庫県加古川市)

◆久しぶりに寄付します(兵庫県神崎郡)

◆7/29開催フレンド・フェアでのカンパ(千葉県四街道市)

◆災害が続く中、どこに義援金を託すべきか考えました。ここが一番身近で信頼できると感じました

◆必要なところにすぐに届けていただけるのが、たのもしいです(埼玉県鴻巣市)

◆ただただ日々があんじょうにと願うばかりです(東淀川区)

◆頑張っておられる方にせめてもの(千葉県習志野市)

◆必要なところに一日も早く届けてあげてください(千葉県佐倉市)

10/5

◆今年も各地で災害が起きています。少しでもできることをと祈りつつ(東京都八王子市)

◆次々と災害が起きます。ご苦労様です。高齢で何もできませんが、気持ちだけです(大阪府池田市)

◆災害が続きます。さぞ、資金的・人的にも、と察します(三重県四日市市)

◆今夏の猛暑の間、後回しにしていたことに手をつけだしました、ゆめ風基金の臨時号にも目を通しました。いち早く対応するフットワークの軽さに敬意を表します。私も臨時に入金させていただきます(愛知郡)

◆久しぶりです。永く続けたいと思います(東淀川区)

「小学生版HUG(避難所運営ゲーム)」行ってきました!

11月10日。
ご近所の仲良しさん、「むくのき学園」の小学五年生と、「小学生版HUG(避難所運営ゲーム)」を行いました。

場所は小体育館。長崎さんと私・授業参観に来られた親御さんたちも見守る中、
「もし地震が起きて、むくのき学園の体育館を開放して、避難所を設営することになったら・・・。
その時は、いろいろな人が一緒に避難生活をすることになりますよね。たとえば目が不自由で盲導犬を連れて来たらどこに案内する?どんなことに気をつけて、体育館のどこで過ごしてもらう?」
他にも耳が不自由な方、日本語がわからない外国のかた、妊婦さんや車いすを使っている方、それぞれの立場に立って、その人が求めていることを考えていきます。

大きな模造紙には体育館の図面が描かれています。
「そこにいろいろな立場の人のアイコン(絵)を置いていってください」
先生の声で始まります。

子どもたちはチームに分かれて、体育館に見立てた、出入り口と情報収集所と書かれた模造紙の上に、それぞれ違う立場の人の位置を決めていきます。
「耳が聞こえない人と外国語しかわからない人って同じところにいてもらうのがいいかな」や
「じっとするのが苦手な子は妊婦さんの近くはあかんよなー」
子どもたちはいろいろな人の立場を想像し、思いやり、避難所開設時に配慮が必要な人の配置を考えます。

子どもたちの柔軟な発想と成長に感動。
反面「私、少しはお役に立てているのかなー」と少しへこみ虫。
長崎さんの電動車いすの後ろをもたせてもらってゆめ風に帰ってきました。
でも、その日以来「ゆめ風」前を通って下校する小学五年生は、「よっ。ばいぱい」と声をかけてくれます。
人と出会い、いっしょにいることが、大事なんや。
これも障害者の私に、子どもたちが教えてくれます。

(ふ)

振込用紙のコメント

秋もすっかり深まりました。
車いすユーザーの私は通勤途中、指先が冷たく感じます。
でも、みなさまの応援の声に支えられて、身も心も温められて
手袋は、まだいりません。

では、たくさんのエールをご紹介させていただきます。

◆ささやかながらエールです(東京都渋谷区)
◆台風・地震で困っている方に届けてください(群馬県太田市)
◆私達は災害列島に生きているのだと、思い知らされました(神奈川県藤沢市)
◆私にできることをこれからもさせてください(東京都大田区)
◆立て続けに起こる災害。軍事費に5兆円も使っている場合じゃない(東京都八王子市)
◆「公助」の探求を追求してください(兵庫県宝塚市)
◆オスプレイやイージス艦を買うお金を災害対策に。もっと意思を伝える努力をしなければと思いました(東京都世田谷区)
◆ますます支えあいの大切さ感じています(北海道河東郡)
◆微力ですが災害地の支援に使ってください(神奈川県横浜市)
◆私たちも高知災害弱者支援センターを立ち上げようと細々活動しております(高知市)
◆北海道の被災地に届けてください(東京都練馬区)
◆9/15福田稔さま主催のゆるゆるライブにてカンパを募りました(東京都世田谷区)
◆困っている子供たちに(青森県弘前市)
◆私も家族も障害を持っているので他人ごととは思えません。これからも活動応援させていただきます(大阪府南河内郡)
◆ニュースでは見えてこないけれど、被災された方の中には障がいのある人もいると思います(東京都八王子市)
◆「オスプレイ返品・イージスを買わない」と安倍首相はどうぞ言ってください(東京都江東区)
◆永さんの遺志を忘れない(栃木県宇都宮市)
◆必要なところにすぐ届けていただけるのがたのもしいです(埼玉県鴻巣市)
◆お疲れさまです。ただただ日々があんじょうにと願うばかりです(大阪市)
◆災害続きの年、頑張っておられる方々にせめてもの〈千葉県習志野市〉
◆必要なところに一日も早く届けてあげてください。皆様お身体ご自愛ください(千賀県佐倉市)
◆できるときに少しずつ長く(大阪府貝塚市)
◆西日本豪雨から北海道地震まで心ばかりの支援をさせて頂きます(千葉県松戸市)
◆身体に気をつけて、いつも前向きでいましょう(東京都文京区)
◆北海道地震で震度5を体験。大停電で改めて災害大国日本を実感しました(北海苫小牧市)
◆いつもありがとうございます。心だけですが(東京都杉並区)
◆北海道地震にあわれた知的障害をもたれた方へお願いします(京都市)
◆いつも気にかけています。素晴らしい活動つづけてください(大阪府吹田市)
◆永さんはじめ「もの言う人」がいなくなってしまいました。みんなで声をあげましょう(東京都武蔵野市)
◆天災が続きます。明日は我が身と気を引き締めます(神奈川県小田原市)
◆この国はいったいどんな方向に行くんでしょうか(神奈川県平塚市)
◆劇団一の会にご来場の皆様の心です。北海道地震で被害受けてお困りの方にお役立てください(東京都練馬区)
◆災害にあわれた方の混乱は推し量れませんが、私たちは冷静にしっかり支援できるといいですね(滋賀県甲賀郡)
◆ボランティアに行く元気も技術ありませんので(神奈川県横須賀市)
◆お手をかけてあげられずごめんなさいね(東京都文京区)
◆避けられないのが自然災害です。災害に強い国になるには、みんなで助け合わねばなりませんね(東京都荒川区)
◆災害が多い年ですね。北海道地震で被災された方によろしくお願いします(東京都練馬区)
◆困難を乗り越える力と心身を支えられますように(大阪市東淀川区)
◆「ゆめ風基金」人として何が大切なのか気づいていただいています(神戸市)
◆災害当事者の混乱はいかばかりかと。当事者ではない私たちは冷静に必要とされる所に届けるだけですよね(滋賀県甲賀郡)
◆高齢につき今回の寄付をもって終了とさせていただきます(新潟県南魚沼市)
◆今年に転じているは災害が多い年です。自然が人類に対し、反撃に転じている気がします(静岡市)
◆何が起こるか不安は大きいですが、一日も早く普通の生活に戻れますように(神奈川県横浜市)
◆災害の現地の声を拝読できることは貴重だと思います(埼玉県春日部市)
◆次ぐと起こる災害。ゆめ風さんの活動にはいつも頭がさがります。みなさんどうぞご自分のことも大切にしてください(東京都足立区)
◆西日本豪雨で熊野町に支援くださり、ありがとうございました(広島県安芸郡)
◆ 松山市いよてつ高島屋前で、街頭基金活動をしました
◆ゆめ風in新宿楽しかったです(千葉市)

西日本豪雨災害のお見舞い金に「お礼状」が…

ゆめ風初の試みとして、西日本豪雨災害で被災された障害者世帯に、お見舞い金をお送りすることにして4ヶ月。
すでに振込は終わりました。

800件近い申請書類に驚いたり、ゆめ風への期待の大きさに、事務局一同、震える思いで、一件一件の書類を拝見しました。
そんな中、お見舞い金を受け取った方々からお礼状が届くようになりました。

その中の1通をご紹介します。
宇和島の作業所に通っているかたからです。

Jpeg