DPI&CILイルカ 緊急フォーラムのお知らせ

【10.5(水)13:30~17:00
DPI&CILイルカ 緊急フォーラム「国連障害者権利委員会の総括所見」で示されたこと~南の島からインクルーシブの 風を届けます】

▶︎参加費無料(要申込)です。
●日時:10月5日(水)13:30から17:00(13時から入室可)
●開催形式:オンライン(ズーム ウェビナー)←参加者から発言ができない形式のズーム
●参加費:無料
●関心あるどなたでも参加できます
●手話通訳、PC文字通訳あり、その他情報保障(データ資料等)は必要な方へのご提供あり。
●申し込み先は DPIホームページ ⇩
●趣旨
 2022年8月 国連障害者権利員会で日本政府との初めての建設的対話がもたれ、これをもとに日本政府が行う障害者政策・施策に対しての勧告を含む「総括所見」が提起されることとなっています。そこでは国連障害者権利条約の基本的な考え方と、日本国内の状況が対比されます。
 沖縄でも、「私たち抜きに私たちの事を決めないで」のスローガンのもと、共生社会条例の制定、インクルーシブ教育の推進等がなされてきました。
 そこで今回パラレルレポートの作成など、JDF(日本障害フォーラム)の構成団体としてけん引してきたDPI日本会議と、沖縄で活動している
自立生活センター・イルカにおいて、その社会的インパクトを検証するフォーラムを開催します。
●目的
 「国連障害者権利委員会の総括所見」について学び、今後の社会づくりに生かすため開催します。
プログラム

・午後1時30分 開会挨拶  平野みどり(DPI日本会議議長)
・後援・助成団体ご挨拶

午後1時45分 基調報告「国連障害者権利委員会 日本政府に対する総括所見について~世界のあたりまえって何?~」報告者:崔 栄繁(DPI日本会議議長補佐)

・午後2時25分 休憩
・午後2時35分 再開
・午後3時15分 休憩

午後3時25分 パネルディスカッション
「国連障害者権利委員会の総括所見について期待すること、問題意識について」

パネリスト

  • 仲村美和氏 (仲村伊織さんの母)
  • 新垣 香代子氏 (障害のある子どもの放課後保障連絡会沖縄代表/元南城市立馬天小学校校長)
  • 長位 鈴子(CILイルカ代表)

コーディネーター : 西尾 元秀 (DPI 日本会議常任委員/教育部会長)
コメンテーター : 崔 栄繁

・午後4時20分 休憩
・午後4時25分 質疑応答
・午後4時55分 閉会の挨拶 長位 鈴子

■事務局

CILイルカ内 〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐4-4-1 電話:098-890-4890 ファックス:098-897-1877 メール:iruka441☆gmail.com(☆→@)(担当:早坂佳之)

◇主催 :DPI(障害者インターナショナル)日本会議、沖縄県自立生活センター・イルカ(CILイルカ)
◇後援 :沖縄県、沖縄県教育委員会
◇助成:キリン福祉財団助成、令和4年度 沖縄県障害者社会活動推進事業補助金活用事業

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: