むくのき学園の生徒さん・先生たちが 事務局に募金をもってきてくださいました

1月31日
ーむくのき学園の生徒さん・先生たちが
事務局に募金をもってきてくださいましたー

障害者スタッフ (長崎さんと福本) が入職後
ご縁ができた、小中一貫校「むくのき学園」
この日は、寒い中、生徒さんと先生が
大きな募金箱を抱えて、訪問してくださいました。

手作りの募金箱には、
「震災で被災された方々のために
ご協力よろしくお願いします」
と、ルビも打たれた大きな力強い文字。

「募金の働きかけは大変だったでしょ。
どうも ありがとうございます」
私も、ふんばんなくっちゃ と
胸にあたたかいものを感じながら、
福本もご挨拶させてもらいました。

「朝、登校してくる友達や先生に
声をかけたんですが、朝は声が出にくい。
はじめはこえかけのタイミングも
つかめなくて・・・
でも、呼びかけて、応えてくれて、
募金してくれる瞬間がうれしかった。」

少し小さい手で、いつも大きな力をくれる
応援者たちを見送った後
福本は事務所の机の上で募金を広げ数え始める。

1円玉 5円玉 10円玉 50円玉100円玉 500円玉
ひとつひとつが光って見えます。

大切なものは大切に確かにお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です