豪雨水害:被災地NGO協働センターのmlより

【転送歓迎】
いち早く、豪雨水害の被災地に入られた神戸市の「被災地NGO協働センター」さんからのメールを転載します。
ここから


*複数のMLに配信していますので、重複はご容赦下さい。
関係各位
昨日(13日)、常総市の被災地に現地入りし、2班に分かれ調査をしました。
一班は当センターの元スタッフ福田和昭(現職都市生活コミュニ ティーセン ター)が被災地坂東の出身ということで急きょ同行して頂き、村井と被災された 方へのヒアリングを行いました。
被災地は、交通規制が多く道路事情に詳しくなければ、立ち往生するケースが 多くなります。
被災者の方たちは不自由な避難所暮らしを強いられています。
避難所でもリーダー的な行動をされている方たちが、ご自分も被害を受けているにもかかわらずみなさんのお世話をしているので、その方たちの ストレスや疲 労が気になります。
もう1班は、常総市災害ボランティアセンターの立ち上げの準備に参加させて頂 きました。
南北10キロ横に2キロという市内の8割近くが被災地域となりまし た。
明日からのボランティアの受け入れのため、いくつかの地域に分け、現状把握のための調査に同行しました。
(避難所は約22か所、避難者数は、 約3000人)
被災者の方は、すでに片づけを開始している人たちも数多くみられました。
地域のNPOや高校生ボランティアや地区住民による有志の会、青年会議 所、消防団 などすでに自主的な活動が開始されています。住民も各地域でボランティアの受 け入れに対する場所の提供などそれぞれができる範囲で協力 しながら復旧活動 に励んでいました。
しかし、被災地ではライフラインの復旧が遅れ、電気、水道 はまだ使えず、ガス(プロパン)は使用できるところ もありますが、まだ水に 浸かったままの地域もあり、自宅の掃除も思うように進んでいません。
中には水がないために、高齢者はトイレを大も小も今日 一日我慢しているという人もいたそうです。
被災地域へのトイレの設置も急務です。
実際被災者の方を訪ねると、その家は直接的被害はさほどではありませんでした。
けれど、お母さんは持病があり、息子さんは軽度の知的障害と肢体不自由で車いす生活で、お嫁さんも強迫性障害といった精神障害を持っています(この お嫁さんは避難生活をしているそうです)。
そして発災の時は一 時避難所にも 避難したけれど、スロープが急で介護がきつくて実家に行ったけれど、息子さん が落ち着かないので、自宅に戻ってきたそうです。
それで、今日は5日ぶりにお 風呂に入りに行ったそうですが、市内の広範囲による被災のため、バリアフリー のお風呂もなく遠方までに出かけたそうです。
発災当時もバリアフリーのトイ レなども被災し、バリアフリーの障害者用のマップが必要だと実感したそうで す。
他にも一人暮らしの高齢者やブラジル 人の居住者も多いそうです。
 
引き続き「活動支援金」の募集を開始しています。
支援金は復興に中長期にかか わる被災者支援を行うためのボランティア活動に使わせて頂きます。
これまでの20年間の経験とネットワークを生かし、可能な限り対応していきたい と考えています。
是非、みなさま方々のご支援、ご協力をお願いしま す。  
          
(連絡先)被災地NGO恊働センター
〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701/FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org(担当:頼政・村井)
郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
  *お手数ですが、通信欄に「2015東日本豪雨水害」と明記下さい。
ゆうちょ銀行 支店番号:一一九(イチイチキユウ)店/店番:119/当座
0068556/受取人名:ヒサイチNGOキヨウドウセンター >


とのことです。
明日は、名古屋のAJU自立の家の方々が、「間仕切り」を持って避難所に行かれるようです。
障害のある人々の様子が詳しくわかるかと思いますので、また、お知らせいたします。
栃木、宮城、茨城各地のCILは多少の浸水があったり、介護者が障害者宅へいけないなどあったそうです。
きょうされん加盟の団体に関しては、各支部で安否確認中。いまのところ人命に被害はなさそう・・・とのこと。
現地は混乱しているようですが、ボランティアをしたいというかたは、こちら↓
全国社会福祉協議会
毎日更新されているので、夕方ころに、ご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です