特定非営利活動法人 ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033:
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより No.89 | 2019/12/5発行

そよ風、つむじ風、六甲おろし各地からの風だより2019年06月〜2019年08月より

  • 永六輔さんのご命日に心ばかりです(山梨県南陽市)
  • すでに頑張ってると思いますが、どうかこれからも障がい者の為に頑張ってください(南河内郡)
  • 長く入金せずすみません(東住吉区)
  • 61歳でパートに再就職。遠くから応援しています(東広島市)
  • 税金還付分、寄付します。軍事費に使われたくないから!(あきる野市)
  • 消費税は一〇〇%福祉に使ってほしいです(浜松市)
  • 雨の季節になりました。今年はほどほどの降りでありますように(平野区)
  • 災害のない年であるよう祈るばかり(寝屋川市)
  • 長い間ご無沙汰しています。私も身障者1級の仲間入りをして、入退院を繰り返していますがもう少しがんばりたいと思っています(枚方市)
  • 日本中に広がる仲間がたくさんいることが嬉しいですね(泉佐野市)
  • 家の鍵を落としました。警察に届けて下さった方への感謝の気持ちをカンパします(日野市)
  • 大阪北部地震から1年。まだ屋根にブルーシートをかぶせた家を見ます。送金します(豊中市)
  • 年金がこんな額で…(松戸市)
  • 楽しい企画を増やすといいと思います(横浜市)
  • 地道な活動を続けているゆめ風を信頼しています(千葉市)
  • ゆめごよみ風だより読みやすくなりました!字数減が内容減にならないように(阿倍野区)
  • 組織運営のためにも資金を集めてくださいと言いながら、わずかですみません(四日市市)
  • 知的障害の方々に役立ててもらえば幸いです(京都市)
  • 皆が住みやすい社会でありたいですね(狭山市)
  • 誰かが言った「今の日本は経済二流、政治は三流」図星すぎてくやしかった(長岡京市)
  • リレーエッセイ「戦争と原発はまっぴらごめん」同感(世田谷区)
  • 老々介護の毎日ですが少しでもお役に立ちたく送ります(我孫子市)
  • あちこちで災害が起きています。ゆめ風の皆さんありがとうございます(杉並区)
  • 少額で申し訳ありませんがお役立てください(南島原市)
  • 今年から起立性低血圧になりました。心疾患があり私自身も災害時は弱者になります(静岡市)
  • 文字が大きくなって読みやすくなり嬉しいです(羽島市)
  • ゆめ風で会いましょうに行きました。充実した日になりました(三鷹市)
  • できる時にできる事を。気持ちを送ります(江東区)
  • 災害が多くてしかもいつも同じ所が被害を受けているようで気の毒です(横浜市)
  • いつも有難うございます。活字は大きく文章は短くして頂けませんか?読みづらく残念です(南河内郡)
  • 先日の緊急地震速報、驚きましたね。被災も障害も誰でも当事者になりうるという事を再認識。支えあっていきましょう(平野区)
  • 今までは年末にと思っていましたが、今年は永さんのご命日にと思って送ります(川崎市)
  • 「少しずつ長く」をモットーに今年もよろしくお願いします(浦安市)
  • あちこちで地震や水害が出ていますね。皆様、暑い中頑張っておられると思いをはせています(南河内郡)
  • 皆様の心に希望の光がともり続けることを祈っています(横浜市)
  • 梅雨明け前、どうかひどい豪雨となりませんように(滋賀県)
  • 前号の岡本正彰さんの「戦争と原発は人の力や思いで止めることができる」全く同感です。強く平和を願っています(新潟市)
  • 少額ですが今年も送金します(小金井市)
  • 少しですがお役に立ててください(西東京市)
  • また九州方面で大雨。自然をどうすることもできませんが助け合うことはできます。少しですが続けられる限り…(阿倍野区)
  • 頑張ってください。私もゆめ風さんを見習ってがんばります(^^)(南河内郡)
  • みんないっしょにがんばりましょう(苫小牧市)
  • 金額は少ないですが、例えば1円の寄付を1億人がしたら1億円になりますよね(南河内郡)
  • いつも様々な活動を続けていらっしゃるゆめ風の皆様、どうぞお体大切に(秦野市)
  • 少しでも力になればと…(杉並区)
  • 少しですが使ってください。自宅は無事でいつも通りの生活でした(豊中市)

編集後記

  • 今年も災害が多く胸が痛む日々でした。振込用紙には皆さまからたくさんのメッセージが。事務局員を気遣ってくださる声も多く、改めて御礼申し上げます。そのご期待にそえるよう一歩ずつ進んでまいります。皆さまもどうぞお体ご自愛くださいませ。(事務局一同)

©ゆめ風基金