特定非営利活動法人 ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033:
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより No.89 | 2019/12/5発行

リレー・エッセイ 災害と障害者 第63回災害は平等でも避難は平等ではない

障害者の防災・減災にこだわる理由

「災害は平等でも避難は平等ではない」この言葉は、被災地を訪問した時や、被災障害者のお話の中で伺う言葉だ。さらに、平成7年の阪神・淡路大震災から24年経つがこの状況は一向に改善していない。また、市内の障害当事者、熊本地震で被災された障害当事者のお話を伺うと「私は大丈夫だろうと思っていた」とか「災害はないよ」などとの「正常性バイアス」が働いている場合と、「避難所に避難できない」「避難しても避難所では生活できない」などの「あきらめ」がある場合がある。また多くは両面を併せ持つ場合が多い。まず、私たち、障害当事者の防災・減災意識を少しずつ高めていく必要があると痛感している。

議員として取り組む障害者の防災・減災

平成15年に大牟田市議会議員に初当選させて頂き、現在5期目。平成18年1月より「障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク」(以下「政治ネット」)に参加し、当初から事務局を務める。この間、新潟、仙台、熊本と被災地を訪問し、被災障害者、関係者の生の声を伺った。震災後、避難所に行ったものの避難生活ができず、仕方なく、屋根が飛んで天井を見上げると空が見える自宅アパートに帰った方、地元の避難所に避難しても受け入れを断られた方、視覚障害や、知的障害、発達障害等の障害特性の為、半壊等の危険な自宅での避難生活や車中泊を選択された方、障害特性により列に並ぶことができず避難所で提供される弁当等を取りに行けない方、難病のため1日に12ℓの水を飲まなければ体調を維持することができないにもかかわらず、避難所ではすべて平等との理由から1日に500㎖のペットボトル1本しか配布されなかった方、知的に障害があり集団生活に馴染めないお子さんと奥さんを自宅に残し、ご自身は地域の役員をしていたため避難所運営に従事された方などのお話を直接、間接的に伺った。中には、現職の障害当事者議員もいた。まさに「災害は平等でも避難は平等ではない」現実を目の当たりにした。
この経験を活かし、議会質問をしたり、地域防災計画のなかに障害者を含めた災害時要配慮者への対応を書き込む必要性を提言し、実現してきた。
2016年4月の熊本地震では、現地に政治ネットの会員が複数いたことから、久留米、大牟田から駆け付け、それぞれの立場でできることを取り組んだ。このことが、次項で述べる「熊本地震被災地障がい者とつながれプロジェクトおおむた実行委員会」(以下、「つながれP」)の取り組みに繋がる。
さらに、現地の懸命なご尽力により、同年8月に熊本市、益城町で政治ネットの全国大会を開催できた。大会前に熊本地震で顕在化した障害関係の諸課題をまとめ上げ、熊本県、熊本市と両議会に提言するとともに、10月には国へも提言した。特に、仮設住宅建設費の上限額のうちバリアフリー住宅については引き上げられたことは政治ネットならではの取り組みであり、大きな成果であった。

当事者として取り組む障害者の防災・減災

冒頭に述べたように、災害について「正常性バイアス」と「あきらめ」とを併せ持つ障害当事者が多いことから、地元団体主催で、数年に一度、防災講演会を開き、防災・減災の意識向上に取り組んできた。さらに、昨年は障害者差別解消・自立支援協議会主催で、熊本地震で被災され、相談業務に従事された障害当事者の講演会も開催された。
熊本地震が起き、政治ネットとして現地に赴き、被災障害者の現状を伺った。大牟田市は熊本県荒尾市、南関町と隣接する県境だ。隣接市の障害当事者、関係者として、熊本と繋がり、向き合い、大牟田市の障害者の防災・減災の文化醸成を目的に市内の障害関係者有志で「つながれP」を立ち上げた。
この設立趣旨に基づき、現地のニーズを調整し、障害当事者含め、延べ200名を超える方が熊本を訪問し、目の前の課題や生きづらさに寄り添い、共感し、大牟田に持ち帰り、メンバーで振り返る作業を繰り返した。さらに、昨年12月には、熊本県西原村のたんぽぽハウスから講師を招き、取り組みを学んだ。そして、3年を迎え、現地からの依頼も収束し、一定の役割を終えたと判断し、解散するにあたり、ゆめ風基金、八幡さんを講師に招き、障害当事者向け、支援者向け、福祉避難所職員向けの3回の講演会を開き、好評を得た。つながれPは解散するが、この貴重な経験を大牟田市の障害者の防災・減災の文化醸成に活かしていきたい。

古庄( ふるしょう )和秀( かずひで )

大牟田市生まれ。脳性麻痺。久留米大学卒業後、仕事がなく、別府市の太陽の家に入所。その後、市内の商店街の空店舗のNPO法人に就職。市会議員5期目の現在は総務委員長として市役所庁舎整備に取り組む。障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク事務局長。つながれP事務局も務めた。

©ゆめ風基金