特定非営利活動法人 ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033:
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより No.86

そよ風、つむじ風、六甲おろし各地からの風だより2018年9月〜2018年11月より

  • 福島の「本当に言いたいことが言えない」が心に…(杉並区)
  • 広島が私の故郷です。思いもかけない被害でした(熊本市)
  • 熊本地震では、全国の方々に支援していただきました。少しでもお返しさせて頂きたくて(菊池市)
  • 被災された皆様のご心労を思うと言葉になりません。くれぐれもご自愛のほど。一日も早い復興を心より願い対応に敬意を表します(吹田市)
  • 自然の前で人間は無力を感じます。が、助け合う優しさが見つかればと思います(寝屋川市)
  • なぜこんなにも災害が多いのか心が痛みます(横浜市)
  • 毎年の豪雨災害を自然災害と言って済ませるマスコミの問題意識のなさにはあきれるばかりです(八王子市)
  • 公的なものでない民間の良さ。ご縁ある所に丁寧にご対応頂けますように(甲賀郡)
  • 大雨や台風の際に人から心配される山間に住む身だが、有難いことにこれまでは無事(松山市)
  • 西日本豪雨・友人が広島市に住んでいて無事だということですが、被害の事等はわかりません。お役に立てば幸いです(福島市)
  • どうしてこんなに災害が多いのでしょうか? 弱い立場の方にお役にたてれば…(京都市)
  • 災害の多い年ですね。個人の力では何もできない。政治を変えなければならないと思います(名古屋市)
  • 何をしてよいかわからず、ただ託すだけですがよろしくお願いします(松江市)
  • 自然の猛威に私たちが試されているとしか思えません(多摩市)
  • 私達は災害列島に生きているのだと思い知らされました(藤沢市)
  • オスプレイやイージス艦を買うお金を災害対策に。もっと意思を伝える努力をしなければと思いました(世田谷区)
  • ますます支えあいの大切さ感じています(河東郡)
  • 私たちも高知災害弱者支援センターを立ち上げようと細々活動しております(高知市)
  • 私も家族も障害を持っているので他人ごととは思えません。これからも活動応援させていただきます(南河内郡)
  • ニュースでは見えてこないけれど、被災された方の中には障がいのある人もいると思います(八王子市)
  • 北海道地震で震度5を体験。大停電で改めて災害大国日本を実感しました(小牧市)
  • 永さんはじめ「もの言う人」がいなくなってしまいました。みんなで声をあげましょう(武蔵野市)
  • 天災が続きます。明日は我が身と気を引き締めます(小田原市)
  • 災害にあわれた方の混乱は推し量れませんが、私たちは冷静にしっかり支援できるといいですね(甲賀郡)
  • 避けられないのが自然災害です。災害に強い国になるには、みんなで助け合わねばなりませんね(荒川区)
  • ゆめ風基金は人として何が大切なのか気づいていただいています(神戸市)
  • 災害が多い年です。自然が人類に対し、反撃に転じている気がします(静岡市)
  • 災害の現地の声を拝読できることは貴重だと思います(春日部市)
  • 西日本豪雨で熊野町に支援くださり、ありがとうございました(安芸郡)
  • ちょっとずつですが、いいことがあった時におすそけします(西牟婁郡)
  • ゆめ風基金は年齢制限がないので好きです(所沢市)
  • 西日本豪雨災害ではお世話になりました(伊予市)
  • キッズ&ユースオータムパーティでの基金です(調布市)
  • 我が家の近くにも一級河川が流れており、他人事ではありません(加古川市)
  • 7・29開催フレンド・フェアでのカンパ(四街道市)
  • 災害が続く中、義援金を託すのはここが一番身近で信頼できると感じました
  • 必要なところにすぐに届けていただけるのが、たのもしいです(鴻巣市)
  • 臨時号に目を通しました。いち早く対応するフットワークの軽さに敬意を表します。私も臨時に入金させていただきます(愛知郡)
  • 障がいのある人にも住みよい社会づくり、よろしくお願します(磐田市)
  • 逝友の遺志を継ぎ細々と(名古屋市)
  • 骨のある通信、気にいってます(藤岡市)
  • 息の続くかぎり応援しています。お金を生かしていただくのも人次第。志を持つ若い方が、しっかりと動けるよう人を育てていくことも応援したいです(甲賀郡)
  • ひとりひとりが大切にされ、お互いがやさしくあたたかく関わっていける社会に(板橋市)
  • 西日本・北海道の災害に少し早めのクリスマスプレゼントです(佐賀市)
  • 地震・豪雨・台風で壊れたままの建物が多いと聞きます。本格的な寒さが来る前に安心してすごせるようになりますように(大阪市)

編集後記

  • 2018年にお届けした救援金の総額は7,260万8,039円となり、東日本大震災後の2011年、2012年に次ぐものとなりました。また災害時の要配慮者への行政による支援も、不備が多い実態が浮き彫りになっています。2019年は、さらにゆめ風のつながりを広く太くして、今後の災害に備え具体的な対応を考えるとともに、行政への働きかけも行っていきたいと思います
  • 前号後記で、西日本豪雨のお見舞金の世帯数を715件とお伝えしましたが、重複申請が1件あり、「714」となりました
  • ゆめごよみ点字版、データ版ご希望の方はご連絡ください。

©ゆめ風基金