特定非営利活動法人 ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033:
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより No.86

alt

シリーズ中学生プロジェクトものがたり(全5回)

その2

altNPO法人おおさか行動する障害者応援センター 村上 晃

2006年に始まった障害者と中学生が避難体験するとりくみ。
DVD完成を機に、かかわった人たちのコメントを掲載します。

柴島中学校は、自宅から徒歩2分の所にあり、とても身近な学校です。今回は避難訓練1回目の事前の講習と本番に参加しました。事前講習では、車椅子の障がい者に対する接し方や心構えを伝えて生徒たちは真剣に聞いてくれました。

避難訓練の本番では、事前にグループ分けされた6名の生徒たちに車いすのどこを持てばいいかということを伝え、体力差があるので、大きい子が後ろを持つようにして、小柄な子は前と中ほどを持つように言いました。生徒たちとの交流時間があまりなくて、少しがっかりしました。

その後の階段を降りる時、掛け声をかけていっせいに車いすを持ち上げたのですが、前の子の力がなくて一瞬「ぐらっ」としました。大変怖かったです。車いすごと階段を降ろすということが、いかに大変かということを生徒たちが実感出来たかと思います。

alt
柴島中学校での中学生プロジェクト

体育館での牧口さんの講話の中での質問「この世から障害者がいなくなったらどうなると思う?」が、中学生には少し難しいと思いました。この世界から障害者が一人もいなくなるということが、ありえないことだと思うから。障害者が期待するような応えが返ってこなかったのが残念でした。

日頃、接する事が少ない障害者と中学生が避難訓練という活動を通して、少しずつ理解を深められるようにしていくことが大切だと思います。いざ、地震などの自然災害が起こった時に、地元で力を発揮できるのは、中学生から上の人たちだと思うから、こういう活動は意義があると思います。

DVD 好評販売中! ご購入は通信販売ページよりご注文ください。

©ゆめ風基金