特定非営利活動法人 ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033:
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより No.86

alt
人工呼吸器を使用されている方への対応を考える展示

わたしの防災準備 その3

宇都宮の防災イベントに行ってきました

事務局 長崎 圭子

先日、栃木県宇都宮市に行ってきました。防災に関するイベントにお招きいただきまして。「障害×防災 入口は防災 そしてまちづくりへ」というあったかいネーミング。私はゆめ風基金での活動から「障害当事者としてこう考える、こうあってほしい避難所って?」とか、今までの災害において、配慮が必要な人が後回しにされてきた経緯と今後の課題などについてお話しさせていただきました。マメ知識として、『ラーメンは、非常時に水だけ注いで、食べられるものなのか?』『某スナック菓子に水を入れて柔らかくふやかすと、ポテトサラダの味になる?』など、楽しく会場に来た皆さんと、非常食の実験もやりました。障害がある人も10人以上参加され、180人近い参加者の皆さんの熱気に、圧倒されました。

alt
会場の様子

会場内には、地元で活動する団体の展示があり、一人一人にあった避難計画を立てていること、呼吸器を付けたかたが一般の避難所に来たときの配慮について、段ボールの仕切りを使って配置してみたり、段ボールのベッドや授乳室に触れてみて「意外としっかりしてるね」など、みなさん見入っておられました。私が知らなかった団体の方たちが、熱心に防災に取り組んでいる姿を拝見できて、とても胸が熱くなったのです。

ともすれば「邪魔だ」と言われがちな障害者の防災に取り組んでいる団体の皆さん、一度、皆さんの知恵を共有する場を持ちませんか?ああ、そんなイベントが出来たら楽しいし、ためになるしなあ、と、名物の餃子をおいしく食し、帰路についたのでした。

©ゆめ風基金