ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.662014年9月25日発行

〜そよ風、つむじ風、六甲おろし〜

各地からの風だより

2014年4月〜6月より

  • 3・11で生き方を問い直されたはず。なのに相変わらず自分のことのみで精一杯の日々です(愛媛県松山市)
  • ブログで移動送迎支援の重要性を知りました。必要だからだけではなく、行きたい時に行きたい所へ行く手段があるということが、大切なんですね。(大阪市平野区)
  • 日がたてばたつほど福島が切なく思われ、自分の無力さを情けなく思います(滋賀県甲賀郡)
  • 長生きをしてずっと支援し続けたいと思っております。スタッフの方の健康をお祈りしております(横浜市)
  • 第二回東日本大震災チャリティーフリーマーケットを開催。寄付させていただきます。お役に立てれば幸いです(埼玉県新座市)
  • 地域生活を支えるための変わらぬ活動に敬意を表します(東京都世田谷区)
  • 私のできることを生きがいとしてずっと続けたいと思います(埼玉県川口市)
  • 自分達の自由な生活、自由な思想。誰も殺さず、殺されないために・・負けないぞ!(埼玉県比企郡)
  • 東日本大震災から、「つもり貯金」を始めました。美味しいものを食べたつもりとか、○○を買ったつもりとか・・その一部をゆめ風さんに(東京都日野市)
  • 今年も世界自閉症啓発デー。700人の方が、ご参加くださいました。微力ながら支援させていただきます。共にがんばりましょう(高槻市)
  • 今年の桜はどうでした?小さな花が集まって咲き誇る桜になるように小さな力を送ります(大阪市平野区)
  • エールシフォンケーキの売り上げの一割を寄付させていただきます(大分県国東市)
  • ゆめ風は みちのくのゆめ 守るため やさしく強く しなやかに吹け(東京都渋谷区)
  • 今、福島は忘れかけられている。政治家は何を考えているのか?国民は悲しい(埼玉県所沢市)
  • みんなの真心が、実を結びますように(高槻市)
  • 資本主義社会の限界を感じています。政治家はそこから脱する気がないみたいですが(滋賀県東近江市)
  • 息子が亡くなって2ヶ月が過ぎました。39年間息子は本当にがんばりました。笑顔の写真に話しかけています(東京都足立区)
  • 不定期にしかお送りできませんが、私も背中を押していただきながら考え続けてまいります。20年間ありがとうございます(札幌市))
  • 20年前の新聞記事での河野秀忠さんの言葉「鉄のような気持ちで、がんばらないといけない社会は、鉄のように冷たい」大切にしています(豊中市)
  • いつ来るかわからない災害の備えをしておかねば(神戸市)
  • 誰かを吹き飛ばしたりしないここちよい風をみんなでおこしたいなー。ゆめ風が吹き抜ける地球っていいな
  • 今ある日々に感謝。皆で乗り越えましょう(大東市)
  • ゆめ風さんの活動に感謝です。我が家の障害ある長男は正社員になりました。全国の仲間に、助力が届きますように(浜松市)
  • 友の遺志を継ぎ、細く長くで10年過ぎました(名古屋市)
  • 通信の巻頭のエッセイ、いつも味わいがあっていいですね(神奈川県大和市)
  • 忘れさせようとする圧力に屈せず、必要な人々に必要な支援を届けてください(尼崎市)
  • 人権についてこそ政治家にわかってほしい。暑い中ご苦労様です(札幌市)
  • 今年も異常気象。豪雨の被害にあわれた方々の生活再建等を祈っています(群馬県太田市)
  • 物価上昇、年金減でだんだん苦しくなりますが、なんとか暮らしていけます。貧者の一燈がお役に立てればと(愛知県新城市)
  • ゆめ風だよりを拝読。貴会の活動に感服です。私の兄(重度小児マヒ)からの基金です(東京都板橋区)
  • 働くことに頑張れる事とゆめ風さんに感謝です(静岡県伊豆の国市)
  • 東日本大震災でまだまだご不自由な生活をされている方々と子供たちに役立てていただけたら幸いです(東京都練馬区)
  • オリンピックは被災地が復興してから!戦争に基づく憲法改正は反対!(さいたま市)
  • まだまだ元気の70才。毎日ボランティア活動をしています。福島を応援しています(埼玉県富士見市)
  • 同じ府営住宅内で、エレベーター付きの階に越し、母の外出が楽になりました。被災された方々は今どのような生活をされているのでしょうか?(大阪市平野区)

編集後記

「7月、8月の豪雨災害によって被害を受けられた方に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

広島土砂災害ではゆめ風ネット広島の「てごーす」が動いてくださった。障害者が地域で学び、暮らす実践を続けてきたところだ。役所の障害者安否確認体制が不備な上、名簿開示を求めても応じず、訪問できないとの報が入った。

国、自治体において、非常時、平時を問わず市民の生命と人権を守りきろうとするか、しないかがあぶりだされてきているように思う。

国民が災害で生死の境にいるときにゴルフや料亭に行く国のトップ、ご馳走になるマスコミはあり方としてどうなのか。25万人もの東日本大震災被災者が避難生活を送り、福島原発事故収束も見えない中での外遊三昧、武器、原発セールスとは驚く。

火山学者が「世界一危険な原発」と警告する川内原発の再稼働手続きが進められている。10キロ圏外の要援護者避難計画は立てられていない。

催しへのご参加お待ちしています。

©ゆめ風基金