ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.642014年1月27日発行

東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭を
これからもよろしくお願いします

日常生活支援ネットワーク 椎名 保友

やっと晴れた!!

「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」(通称ポジ祭)は東日本大震災が起きた2011年より「東北と関西が双方向につながりあう」ことを目的に、毎年11月23日に大阪市内の扇町公園や長居公園にて開催されてきました。

例年、雨に祟られてきましたが、4回目にして初めて天候に恵まれることとなりました。

障害者団体、地域福祉、企業、個人参加等いろんなみなさま50を超える団体さんが出展。会場では、運動会が行われたり、消防局&高校生防災グループによる体験ブース、建設局による被災時トイレのご案内、東北と関西が交流しながら活動紹介するゆめ風&被災地障害者センターブース、公園内に線路を敷いて大人も子どもも乗車できるミニ地下鉄などが開かれ、6000人近い方々がご来場されました。

集まった人たちの笑顔、東北からのゲストのみなさんも大阪の面々ともそうですが、ゲストの人同士がワイワイおしゃべりしている光景をみてますと「あれっ、今ここは何県だ」のような輪がいくつも会場に出来上がっていました。

前夜に行われた東北被災地障害者報告会では、まだまだ復興は程遠い現状ながらもそれぞれの生活や支援、地域のなかで一歩一歩前を向こうということが伝わりました。

このそれぞれを、大阪の僕らも輪にいれてもらいながら、お互い話ができる機会となったことがとても励みとなりました。

東北被災地障害者センター、サポートセンターのみなさんがオープニングであいさつ。東北と関西はどんどんつながっています。

被災地障害者センターとゆめ風基金がブース出展。ボランティアたちと協力しながら、特産品を販売し大盛況でした。語り部の輪もあちらこちらで生まれていました。2013年11月23日大阪市立長居公園

一緒に・・何ができるのか

ポジ祭からさかのぼること2週間前。東北楽天ゴールデンイーグルスの日本一に沸く仙台を経由し、被災地障害者センター石巻を関西精鋭!?6名で訪問しました。

目的は、2014年夏あたりに東北でポジ祭を開催できないかなという投げかけでした。

お祭りだから人がいっぱいで賑わうこと・・別にここに重きがあるわけではないと思います。みんなが集まれる輪があればいいですし、そこは人数の多寡ではありません。

そして被災地障害者センターのみなさんの活動が地域の人たちとつながるひとつのきっかけにポジ祭がなれればいいな。すこしでもいろんな人たちに被災地障害者センターの取り組みを知ってもらえたらいいな。今回、岩手・宮城・福島と関西がまた一層距離が縮まったと思いますし、石巻からは中学生たちとの交流ができたことも含め、みんながまず集まり、一緒にやっていけるポジ祭をこれからもいろんなかたちで継続していけたらいいなと思っております。

みなさま、これからも「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」の応援よろしくお願いします。

©ゆめ風基金