ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.212003年4月14日発行

震災から8年 被災地の障害者はいま… つながりを大切に

石倉悦子(くららべーかりー)

映画「男はつらいよ」に「出演」した看板のもとに全員集合(右中央が悦子さん)

あの忌まわしい震災から8年が経ちました。語り尽くせない、たくさんの経験をしました。とても長かったです。

あの日私はもう起きていました。お弁当を作っている時その揺れは始まりました。何が起こったかわからず「死ぬ、死ぬ!」と叫んでいました。

揺れが終わったあとで、やっと障害のある娘を見ました。するとテレビが頭の5cm横に転がっていたのです。後でとても反省しました。

近くの避難所には障害者の居場所がなかった

次の日から、夫と、えんぴつの家の松村先生は、障害者の人たちの安否確認に行きました。

ある家族は、近くの学校に避難していたはずなのに、次に行ったらもうそこにはいませんでした。数日間行方がわからず、やっとわかった時には、神戸市西区にある学校にいました。近くの避難所は、いる場所も、設備もなかったのです。

我が家には、おかげさまで色々な物資が届きました。そのたびに二人が、物資を障害者の家族に届けて回りました。

それが、現在の「被災地障害者センター」へとつながっていきました。

くららの仲間が「はよパン焼こう」と言った

震災の9ヶ月前、共働作業所「くららべーかりー」を新長田の「山吉市場」で立ち上げていました。

しばらくは仕事のことは考えられませんでした。でも、「くらら」の仲間が、何度も様子を見にきて、「はよ、パン焼こう!」というその言葉で、水、ガスは止まったまま再開しました。

その後、全国から来てくださったたくさんのボランティアさんに支えられ、市場の中でも、「くらら」の場所は、明るく、笑い声が絶えませんでした。

広がったつながりの輪

その年の11月より、毎月17日に「くらら」の場所で「一七市(いちなないち)」というバザーを始めました。被災地以外の人や、被害の少なかった人は、もう震災のことを忘れかけていました。いやなことは忘れた方が良いけれども、忘れてはならないこともあります。その震災のことを風化させないために始めました。これが長田の、ネットワークづくりに大きく影響するとは、その時は考えられませんでした。

一年後の11月17日、市場の横の空き地で「一七市拡大版」をしました。バザー、炊き出し、舞台イベントを行い、作業所5団体ほどと、長田区社協にお手伝いをしていただきました。

ところが、2回目の一七市拡大版のときは参加が倍以上に増え、小学校の校庭でしました。さらに3回目はもっと増え、現在も行っている「新長田駅前広場」に場所を移しました。

2002年8回目の拡大版は、参加団体が50ヶ所近くありました。作業所、市民団体、企業、学校、区社協等と広がっていったのです。

“長田”はこの「ネットワーク」のおかげで次々と新しい活動も進められ、さらに力強いつながりとなっています。

つながりを大切に

看板人形の前、笑顔の皆

仕込みも一段落してホッとするひととき

さて、「くららべーかりー」も区画整理のため、今の地で再開してもうすぐ3年になります。たくさんの方たちに支えられ、とても感謝しています。

現在メンバー6人(電動車椅子2人)と、指導員の瀬戸口、パン作りの師匠である迫田さん、そして石倉夫婦で運営しています。

パンの販売だけでなく見学、体験、交流の場所としても、幼児から大人まで幅広く利用していただいています。それがさらにつながりを深めています。

「くらら」のモットーは「一度出会ったら、その出会いを大事にすること」です。ですから学校、企業、マスコミの方まで親しくお付き合いしています。その中でも「男はつらいよ48作」(登場するパン屋さんはくららがモデルです)でご縁ができた山田洋次監督さんとも、2度の「くらら」訪問を含めて何度かお会いする機会に恵まれています。

メンバーの自立

調理場の中

仕事中の山本くん(左端)

「くらら」の山本聖一(24歳)は姉の家から自立し、市営住宅でヘルパー、ボランティアに支えられながら生活しています。

他のメンバーも夜間高校に通い始めた人、ガイドヘルパー資格を取った人など、それぞれの自立に向けて歩んでいます。

そしてもう一つのモットーである「楽しく過ごそう」を実現しながら、人として生きるにふさわしい生活をすることができればと、共に進んで行きたいと思っています。

いしくら えつこ
1949年神戸市長田区に生まれる。妹が知的障害。娘は身体知的聴覚障害。幼稚園・保育所勤務(6年)、グループホームたろう世話人(10年)、障害者をもつ兄弟姉妹の会(33年)。現在くららべーかりーの裏方?
くららべーかりー
神戸市長田区三番町2-2-6 TEL&FAX 078-578-1929
月〜金曜日10:00〜18:00まで営業 祝日は休みます

©ゆめ風基金