ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:info@yumekazek.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.132000年6月4日発行

そよ風、つむじ風、六甲おろし…

各地からの風だより

1999年11月〜12月

  • 「困ってる人に確実に届く」ことは確信しております(愛知県春日井市)
  • 2000年を迎えても忘れません(東京都調布市)
  • 9月の朝日新聞で記事が目に止まり、なにかの縁かとおくらせて頂くことになりました。神戸の震災を見ているかのようで、人ごとのように思えなかったのです。日本も世界各国から助けられたように、海外のことにも日本から手をさしのべたいですね。大きな団体もいいのですが、本当に声をあげていらっしゃるところへ届きますよう、小さな子供達が自分の気持ちをいっぱい込めて入れています。お父さま、お母さまもです。動いて下さる方がいてこそなのですが、わずかばかりではありますが、どうぞお役にたちますよう、心の支援も願い、多くの台湾の方に届きますように!!(京都府京田辺市S幼稚園)
  • 地震が多くて心が痛みます。少しですがお手伝いさせて下さい(大阪市住吉区)
  • (台湾の)弱視者・難聴者にもぜひ支援をよろしく!(広島市西区)
  • 小さな力が大きな輪になりつつある素敵な“ゆめ”の実現。エイ、エイ、オー(東京都練馬区)
  • 娘が1才の誕生日を迎えました。家族3人元気に1年過ごせた事に感謝し、トルコや台湾そして神戸の人達に思いを寄せつつ(兵庫県姫路市)
  • 新世紀を迎えたら、明るい話題が溢れるのかと、あまりに暗いニュースの毎日。せめて心に灯を燃やしていましょう(千葉県八千代市)
  • このお金はいただいたものです。ハートと願いが入っています。活かして下さい(新潟市)
  • 先日、大阪へ旅行した際、足をのばして神戸方面に向かいました。JR鷹取駅で降り、新長田駅まで、歩いてみました。新しい家などが多く、驚きました。わずかな額ですが継続して振り込ませて頂きます(千葉県我孫子市)
  • トルコ、台湾大震災への支援について、救援金と共に、冬用テントなど現地で必要とされる物を送れたらと思います(長野県東筑摩郡)
  • 娘が社会人になり初めての賞与です(奈良県生駒市)
  • ニュースレターにより【ゆめ・風基金】が台湾大地震にも救援の手をさしのべている事を知りました。私も別機関に参加させていただきましたが、今回【ゆめ・風基金】の救援金に賛同させていただきます(大分県大分市)
  • 今年は大きな地震が各地でおこりました。地震の恐さ、息の長い援助の必要性を改めて感じました(川崎市麻生区)
  • 「災い転じて福となす」ではないですが、これを機会に両国の障害者間の関係が深まってほしいです(群馬県前橋市)
  • ささやかなお金ですがお役に立てればうれしいです。94才になりましたが元気でおります(札幌市厚別区)
  • 先日、予防接種被害者として認定され、医療手当なるものが支給されてきました。その一部です(兵庫県西脇市)
  • 宝くじ、買ったつもりで【ゆめ・風基金】(岡山県倉敷市)
  • 職員会で忘年会をしました。例よって費用の5%消費税額分のカンパです(島根県大田市O小学校)
  • 【ゆめ・風】だより楽しみにしています。みなさんに呼びかけたいのですが、きびしい言葉もあります。負けずにがんばりたいと思います(大阪府東大阪市)

編集後記

昨年は思いがけずトルコ、台湾の市民とつながりができました。言葉や習慣が違っても、感じることや願いはわかりあえるのだ、ということが実感です。当たり前のようですが、この「わかりあえる」ということの難しさもまた、同じ「くに」に住みながら痛感することも多かったのでは。このシンプルな「わかりあえること」を改めて考えたいと思います。

【ゆめ・風基金】が発足して6月で5周年。台湾の被災障害者をお招きして阪神の障害者とのシンポジウムを記念事業として行います。ご期待ください

【ゆめ・風基金】がものすごい数の市民の願いに支えられていることをひしひしと感じています。事務局を預かる者として肝を冷やしたり熱くしたり、ちぎれそうになったりの日々。

謝謝。後会有期(またお会いするのを楽しみに…)。(千)

障害者文化祭テーマソング 1.17 神戸

「うしのよだれのように」

詞 さわだ たかし

あたりまえに生きたい
21世紀も友達みんな

あたりまえに生きたい
大きく変わらない社会変えていこう

うしのよだれのように
根気強く

うしのよだれのように
うしろ向かず

あたりまえに生きたい
おもろい神戸を目指し2000年

©ゆめ風基金