眼の会主催「皆で考える防災シンポ:目指せ災害関連死 ゼロ」イベントのお知らせ

神戸市の「眼の会」主催の防災イベントのお知らせです。
「眼の会」代表の榊原さんは阪神淡路大震災を経験され、長年、防災イベントを続けておられます。
当日はゆめ風基金の八幡理事も基調講演をさせていただきます。
転送転載大歓迎です。
イベント名:皆で考える防災シンポ:目指せ災害関連死 ゼロ
目的:熊本地震が発生し、その後の被災地情報から、今までの各地での教訓があまり生かされていない事がわかりました。
また、今回も多くの「災害関連死」の言葉がありました。
せっかく助かった命を、その後の生活環境など様々な要因により失う事は、大変悲しい事と思います。
そこで、今回は、様々な立場の方に参加いただき、災害関連死をいかに防ぐかを参加者全員で考えていきたいとの思い出企画しました。
特に、ストレスの原因でもある、福祉避難所や仮設住宅などについても、考えてみたいと思っています。
日時:28年11月20日(日) 10:00~16:00(受付9:30より)
場所:神戸市立東部在宅障害者福祉センター 2F多目的ホール   
神戸市灘区岩屋北町6-1-4
  JR灘駅 南隣接、阪神岩屋駅 北へ徒歩2~3分 
主催:眼の会
定員:60名程度
参加費:500円(資料代等)*介助者は無料
申し込み締め切り日:11月15日
*当日参加も歓迎しますが、その場合、資料を後日お渡しする場合がありますので、ご了承下さい。
◆スケジュール◆(予定)
9:30~       受付   
10:00~10:10 開会のあいさつ
10:10~11:00 基調講演
講師:八幡隆司氏(特定非営利活動法人ゆめ風基金理事)
演題:東日本大震災、熊本地震での被災障害者の現状について。
11:00~12:30 パネリスト紹介
パネリスト(アイウエオ順)*発表順ではありません。
川田 晋氏(特定非営利活動法人 ぱれっと 理事長 )
神崎初美氏(兵庫医療大学 看護学部 療養支援看護学 教授)
凪 保憲氏(社会福祉法人 淡路市社会福祉協議会 事務局次長、熊本地震・共同支援ネットワーク 幹事)
橋本芳子氏(視覚障害者 阪神淡路大震災被災者)
前田 昌弘氏(京都大学大学院工学研究科 建築学専攻 助教)
八幡隆司氏(特定非営利活動法人ゆめ風基金理事)
12:30~13:30 昼食、休憩
13:30~15:40 パネルディスカッション(中間に休憩)
コーディネーター
大塚毅彦氏(明石工業高等専門学校建築学科 教授)
パネリスト(上記掲載)
15:40~16:00 まとめ、閉会。
■問い合わせ・申し込み先■
眼の会 榊原(さかきばら)
TEL/FAX:078-921-5489(神戸眞鍼道治療室内)
eメール: bugpw104@hi-net.zaq.ne.jp
(共同募金受配事業)

【拡散希望】「BCP研究会」のお知らせ

2016年11月22日に下記のように勉強会を行います!
障害者 / 支援と避難   あなたの「 決断」は・・・
YES? NO?
障害者・介助者・事業者それぞれの立場から

大地震が発生。
あなたはどう考え 、 どう判断し 、 どう動く のか??
・介助者と して、 利用者 とガイド ヘルプでまちなかにいる。
・福祉事業者として、災害時に施設や事業所を地域の緊急避難所と して聞くのか。
・障害当事者と して、避難するのか。自宅に留まるのか。
★それぞれの立場から、 どう 「 決断」するのか 
YES?/NO?をみんなでし ゃべりましょう!
日時:2016 年 11 月22 日( 火)午後 6 時から 8時
会場: 大阪市立長居障害者スポーツセンター 2 F 会議室
定員: 80 名
参加費 : 無料
*手話通訳あります
ちらしはここをクリックしてください
熊本地震の障害者支援報告も行います!
被災地障害者センターくまもと 共同代表の倉田哲也さんをお招きします!
勉強会終了後、ゲストを囲んでの交流タイムあり!
運営:BCP研究会
申し込み・受付:日常生活支援ネットワーク  電話&FAX 06-4400-4387 
e-mail: p2party2@gmail.com
申し込み書はこちらから↓
申込書はここをクリックしてください
 

【拡散希望】恒例の!ポジ祭お知らせ!

今年もこのお知らせをブログで書く季節となりました!
「ずっと続けていく 東北⇔関西⇔熊本 ポジティブ生活文化交流祭」
2016年11月23日(水) 11時~16時
長居公園 自由広場

たくさんの屋台やミニコンサート、催し、まさにお祭りです!
楽しく東北や熊本の被災障害者のかたがたと交流しませんか?
皆様のお越しをお待ちしています~~!

11月の街頭募金活動中止のお知らせ

いつも街頭募金活動にご協力いただき、ありがとうございます。
11月12日に予定していた街頭募金活動ですが、中止となりました。
理由は、
『11月10日から5日間、大阪府・市などによる「道路空間再編社会実験」で、なんば駅周辺の道路使用許可がおりなくなるようだ』とのことで、残念ながら11月の街頭カンパは中止です。
12月の街頭募金については、後日、改めてお知らせいたします。
参加を予定していてくださった皆さん、すみません!

【拡散希望】映画上映会のお知らせ【熊本地震救援】

熊本被災地障がい者支援チャリティー上映会 in 尼崎
入場無料!
阿蘇の火の国くまもと発純愛ドキュメンタリー映画2016年関西初!
『もっこす元気な愛』 (バリアフリー版副音声)
元被災地阪神から熊本へのエール 阿蘇山噴火お見舞い
                                    
【主旨】熊本地震から半年が過ぎ、より手厚い支援が求められている「被災地障がい者支援センターくまもと」へのチャリティーとして、センター代表の倉田哲也さんが主人公のドキュメンタリー映画『もっこす元気な愛』を再上映します!
さらに「相模原殺傷事件」をふまえて、共生社会づくりの一環とする。
日時~会場 【上映時間85分】
★受付は各会場とも上映開始30分前からです
①日時:11月5日(土)14:00~スマイルひろば(定員80名)地域総合センター神崎内
尼崎市神崎町14-22 06-6499-3500  
       、
②11月6日(日)10:00~尼崎市小田公民館ホール(約180名あまり)
尼崎市潮江1-11-1-101 06-6495-3181
③11月12日14:00~地域総合センター上ノ島本館(定員約40名)
尼崎市南塚口町8-7-25 06-6429-7640
主催:『もっこす元気な愛』尼崎チャリティー上映会実行委員会(NPO法人サニーサイド内 )
共催:カーキーの会
  
賛同・協賛:NPO法人ゆめ風基金、被災地障害者センターくまもと、障害者問題を考える兵庫県連絡会議、尼崎障問連、NPO法人スマイルひろば、いくしま人権協会、他障がい者・人権協会・市民団体、労組等募集中!
後援:尼崎市、尼崎市教育委員会、尼崎市PTA連合会、尼崎人権啓発協会、尼崎市社会福祉協議会
連絡先: 北田(サニーサイド正会員) 06-6409-4084
ちらしはここをクリックしてください

JICA留学生への研修

10/16、去年から恒例行事になりつつある、「JICA 障害のある留学生への研修会」に、八幡、長崎が行ってきました!

(阪神淡路大震災で被災した当事者、秋田さん。真ん中は介助者、右は通訳のかたです)
ゆめ風事務所近くの「ココプラザ」の一室を借り、車いすのかた6人、視覚障害のかた3人ほか、日本リハビリテーション協会の職員の方々を含め、20名近くが参加。
まずは八幡さんが近年の災害状況などを話ました。
続いて、私が「災害と女性障害者・災害弱者」と題したパワーポイント資料で、障害者で女性という立場のしんどさ、その他避難所で困ったいろいろな例をお伝えし、簡易トイレ(様式トイレにポリ袋をかぶせ、排泄物を固まらせるもの)や、
アルミシート(冷えや雨除けに。10センチ×5センチの袋に入ったものがかなり大きくなる)
(参考商品 例) アルミブランケット)をお見せしました。
常に持ち歩いているものです。
この「アルミブランケット」実物が好評でした。
その後、冒頭の写真の神戸在住・秋田さんが被災した当時の苦労した点や近所のひとたちに助けられた話などをしてくれました。
避難所一泊体験など、いろいろ経験してもらいたいところはありますが、
日程もぎっしりの彼ら・彼女。
国に帰って、当事者リーダーになるとき、防災面も考えてもらえるように、私たちもお手伝いします!

むくのき学園での人権学習

毎年の行事です!
近所の小学校、「小中一貫校 むくのき学園」5年生に、人権学習に行ってきました!
写真は、話の最後に福本さんがキーボードを演奏しているところです。
私・長崎と福本さんは、育った環境や障害も違いますが、目指す先は一緒です。
いろんな人がこの社会にいることを、幼いうちから知ることはとっても大事です。
自分の人権も含めて、この社会に生きる一人ひとりの尊厳が大事にされる、そんな社会の土台作りを担ってくれる人。
その他、私1人でですが、箕面市の中小学校にも人権学習に呼んでもらいました。
人権、というと堅苦しく思われがちですが、わかりやすくお話します!
どこへでも出かけますので、気軽にお声掛けください(^-^)/

振込用紙のコメントご紹介

いつも貴重なご寄付をありがとうございます。
振込用紙に書いてくださった皆様からのコメント、ご紹介します。
◆永さんからいろいろなことを教えていただきました。あきらめないで生きていきます。(千葉県市川市)
◆永さんの「少額でもみんなですれば力になる」とのラジオの呼びかけがご縁で協力させていただきました。(東京都調布市)
◆永六輔さんがなくなり、悲しい限りです。功績と志を微力ながら学びつないでいけたらと思います。(東京都狛江市)
◆永さんがおっしゃった「細く永く・・・」でがんばりましょうね。(神奈川県川崎市)
◆永さんのラジオでゆめ風と出会うことができました。永さんを偲んで・・・何かの助けになれば幸いです。(東京都江東区)
◆障碍者関係に身を置いているのに、ゆめ風基金のことは知らずにおりました。遅くなりました。(大阪府高槻市)
◆お暑い毎日ですが、どうぞ皆様お元気でお過ごしください。(東京都三鷹市)
◆永さんがなくなられました。でも、がんばってください。(愛知県豊田市)
◆永さん、ゆめ風をつくってくれてありがとう。(千葉県四街道市)
◆この間の事件、本当に悲しく怒りに感じます。みんな等しく笑顔で暮らせる社会にしていきたいですね。(岩手県花巻市)
◆永さんが亡くなられ、残念です。残暑厳しきおり、皆さんもお体ご自愛ください。(宮城県仙台市)
◆熊本・・・気になりながら本日支援します。(兵庫県揖保郡)
◆残暑が続く中、被災地の生活環境が心配です。(大阪市平野区)
◆継続した活動、お疲れ様です。いつもお知らせありがとうございます。(京都市)
◆父の遺志です。有効にお使いください。(神奈川県川崎市)
◆次々と大きな災害。加えて不安な出来事。政治が正しい方向に向かってくれることを願わずにはいられません。(北海道北見市)
◆お祭りでの収益、および設置した基金箱に集まった金額です。全額、役立てください。(大阪府吹田市)
◆障害者施設の自販機でジュースを買っています。この世の中で多くの人に幸せが起こりますように。(京都府長岡市)
◆まだ暑い日が続きます。お疲れでませんように。(東京都三鷹市)
◆地震・水害などで被災された方々に少しでも…と思います。(京都市)

10.9障害者避難所シンポジウム動画をアップしました

10月9日のシンポジウムが無事終了しました。
全国200人もの方々にご来場いただきまして。おかげさまで満員となりました。
誠にありがとうございました。
基調講演をいただいた立木さん、パネラーとして来ていただいた吉村さん、植田さん、阿部さん、鈴木さん、
本当にありがとうございました。
10月9日の様子を撮影したビデオをゆめ風Youtubeチャンネルにアップしましたので、
ご興味のある方ご覧ください。
ゆめ風基金事務局

街頭募金活動のご報告

10月8日に行われた街頭募金活動のご報告です!
参加者  15 名
募金額 27,134円
最高気温が31度まであがった中、ボランティアの皆さん、お疲れさまでした!
大きな声をあげて、私たちもこの街で生きているんだよー!と存在感を示してくれた当事者の皆さんもお疲れさまでした!
11月は募金活動、お休みです。
(道路使用許可がおりないようなので・・・)
12月についてはまたお知らせします!
いつもありがとうございます!!
事務局一同